1. トップ
  2. 『キングダム 大将軍の帰還』特報解禁 山崎賢人、吉沢亮、大沢たかお、吉川晃司、小栗旬ら集結の新ビジュアルも!

『キングダム 大将軍の帰還』特報解禁 山崎賢人、吉沢亮、大沢たかお、吉川晃司、小栗旬ら集結の新ビジュアルも!

  • 2024.2.23
  • 54 views
映画『キングダム 大将軍の帰還』ティザービジュアル (C)原泰久/集英社 (C)2024映画「キングダム」製作委員会 width=
映画『キングダム 大将軍の帰還』ティザービジュアル (C)原泰久/集英社 (C)2024映画「キングダム」製作委員会

山崎賢人が主演する映画『キングダム 大将軍の帰還』より、各国最強の猛者達が一挙集結のティザービジュアルと特報が解禁された。

【動画】戦地で初めて矛を振りかざす姿を見せる王騎(大沢たかお)。悲痛な表情で叫ぶ信(山崎賢人)―『キングダム 大将軍の帰還』特報

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎賢人)と、中華統一を目指す若き王・えい政(吉沢亮)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は70巻まで刊行され累計発行部数が、集英社青年マンガ史上初となる1億部(2023年11月時点)を突破。映画シリーズは、2019年の『キングダム』、2022年の『キングダム2 遥かなる大地へ』、2023年の『キングダム 運命の炎』と公開され、2000年以降シリーズ化された邦画実写作品で、1作目から3作連続で50億超えという史上初の偉業を達成した。

シリーズ最新作では、前作『運命の炎』から続く隣国・趙(ちょう)との国の存亡をかけた総力戦「馬陽の戦い」のクライマックスが描かれる。前作に引き続き、天下の大将軍を目指す主人公・信役の山崎賢人、中華統一に挑む若き秦国王・えい政役の吉沢亮、軍師見習いとして励む河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈、飛信隊の副長として信とともに戦う羌かい役の清野菜名、秦国・総大将として戦地に舞い戻った大将軍・王騎役の大沢たかおら「キングダム」シリーズに欠かせない豪華キャスト陣の続投に加え、佐藤信介が監督を務める。

今作では、過去に王騎と馬陽の地で因縁の戦いを繰り広げた自らを<武神(ぶしん)>と呼ぶ趙国の真の総大将・ほう煖(ほうけん/吉川晃司)、決して戦の場に姿を現さないが他の追随を許さない存在感で戦局を見守る謎多き軍師・李牧(小栗旬)が秦軍を襲う。さらに、万極(山田裕貴)や、趙荘(山本耕史)などの、秦国を極限まで追い詰める趙軍の強者たちが本作でも登場し、“秦vs趙”による国の存亡をかけた一世一代の戦いが繰り広げられる。

秦国軍と趙国軍がぶつかる「馬陽の戦い」。各国最強の猛者達が勢ぞろいし、合戦中のワンシーンを切り取った躍動感あふれる圧巻のビジュアルが完成。

秦国からは、敵軍・趙の圧倒的な武力に険しい表情を浮かべるも、果敢に立ち向かう強さを見せる信、王宮から戦局を憂慮しつつも、秦国軍の勝利を願い信の傍らに寄り添うえい政、過去の因縁を胸に敵陣めがけて突き進む王騎。そのかつてないほど感情的な表情から、今回の「馬陽の戦い」がより一層重要な戦いであることが伝わる。趙国からは、真意のつかめぬ飄々(ひょうひょう)とした顔で佇む李牧と、趙国最強の武将と謳われる三大天の一人で、戦火の中矛を振るう趙国の総大将・ほう煖が顔をそろえた。最強vs最強の因縁がぶつかり合う、“忘れられない一戦”がついに始まる。

また、特報も解禁。「辛いですか、童信」と傷だらけの顔で語る王騎の言葉と共に映し出されるのは、いつ何時でもがむしゃらに前を向き天下の大将軍を夢見て闘い続けてきた信が、打ちのめされ地面を這う姿。圧倒的武力を持つほう煖に力を合わせて立ち向かう飛信隊、そしてえい政・河了貂・尾到のそれぞれの覚悟がうかがえつつも、どこか不穏な空気が醸し出される中、謎の女性の後ろ姿も…。

そして、信の檄(げき)で動き出す飛信隊に加え、“秦の怪鳥”とも呼ばれた最強将軍・王騎がついに動き出す…。シリーズを通して一貫して戦況を見守る姿から一変、未だかつてないほど感情をむき出しにし、戦地で初めて矛を振りかざす姿を見せる王騎。歯を食いしばり、悲痛な表情で叫ぶ信。果たして、彼が見つめる視線の先は…? 信と王騎、二人の今まで見たことのない表情が、感涙必至の物語を予感させる。

なお、7月12日の公開初日からIMAX(R)、MX4D、4DX、Dolby Cinema(R)での上映も決定した。

映画『キングダム 大将軍の帰還』は、7月12日公開。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

映画『キングダム 大将軍の帰還』特報

元記事で読む
の記事をもっとみる