1. トップ
  2. グルメ
  3. 台湾グルメをアレンジしたメニュー、大阪「エプロント」で発売

台湾グルメをアレンジしたメニュー、大阪「エプロント」で発売

  • 2024.2.21
  • 242 views

台湾の名物「魯肉飯(ルーローファン)」をイメージしたホットドッグが、カフェチェーン「EPRONTO(エプロント)」(本社:東京都港区)に誕生。2月27日から販売される。

魯肉飯(ルーローファン)をサンドした「ルーロードッグ」(単品770円)

「自分の場所」をテーマに、朝のトーストセットや午後のスイーツだけでなく、サク呑みにも適したサワーに生ハムといったメニューが揃うなど、さまざまな使い方で楽しめる同カフェチェーン。2023年4月には大阪で5店舗目がオープンし、首都圏だけでなく関西にも事業を拡大している。

今回はそんな同店舗の定番メニュー「グルメドック」に新作が登場。台湾料理である魯肉飯をアレンジし、豚肉や卵を挟み甘辛くスパイシーな味付けにした「ルーロードッグ」(単品770円)が発売される。

ほかにも辛口チキンケバブサンドや、ひよこ豆やそら豆をつかったヘルシーサンドに、卵のサンドといった3種類の「ピタサンド」(各495円)や、和紅茶とレモネードを合わせたドリンク(620円)などの新商品も登場する。

EPRONTO(エプロント)

期間:2024年2月27日〜

元記事で読む
の記事をもっとみる