1. トップ
  2. レシピ
  3. ご飯に合う濃厚スープ!ラーメン好きがトリコになった「豚骨醤油ラーメン」(福岡市博多区千代)

ご飯に合う濃厚スープ!ラーメン好きがトリコになった「豚骨醤油ラーメン」(福岡市博多区千代)

  • 2024.2.17
  • 8618 views

こんにちは。ラーメンが大好きなゆりちゃんです。

ラーメンの中でも豚骨ラーメンと醤油ラーメンが大好物!

そんな私がやみつきになった“豚骨醤油ラーメン”をご紹介します。

九州産醤油が決め手!高濃度スープが絶品の「博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式」(福岡市博多区千代)

福岡市博多区千代、地下鉄箱崎線・千代県庁口駅から徒歩5分、パピヨン通り沿いにある『博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式』。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 外観
画像:ゆりちゃん

店内には、カウンター席のほか、

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 店内
画像:ゆりちゃん

ファミリーでも利用しやすいテーブル席もありました。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 店内
画像:ゆりちゃん

看板メニューは『白豚骨醤油ラーメン』(700円)。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

その「白」スープを基本に、自家製ラードで作ったマー油を合わせた『黒豚骨醤油ラーメン』(800円)、辛味噌ダレを加えた『赤豚骨醤油ラーメン』(800円)もあります。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 メニュー
画像:ゆりちゃん

トッピングは『海苔』(100円)や『ほうれん草』(150円)、『もやし』(100円)、『キャベツ』(100円)、『ネギ』(100円)、『チャーシュー』(250円)、『炙りチャーシュー』(300円)などいろいろあるので、自分好みにアレンジ可能。

『ギョーザ』(3コ250円、6コ400円)や『からあげ』(3コ350円、6コ600円)などのサイドメニュー、『チャーシュー丼』(300円)や『からあげ丼』(400円)などのご飯ものもあります。

ちなみに『ライス』(150円)は、ランチタイム(11時~15時)にラーメンと一緒に注文すると、おかわり自由の「食べ放題」です。

替え玉はないので注意してくださいね。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 メニュー
画像:ゆりちゃん

渾身の一杯!呼び戻し製法で作られた「豚骨醤油ラーメン」を存分に堪能

今回ご紹介したいのがこちら、『白豚骨醤油ラーメン』。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

+120円で『味玉』をトッピングしました。

豚骨ラーメンではありますが、伝統的な博多ラーメンではない点においては“非豚骨系”と言える一杯。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

国産の豚骨だけを使い、追い骨を重ねて濃度を上げる「呼び戻し製法」で作られた絶品の豚骨醤油スープはとても濃厚で、ややとろみがあります。

横浜家系のスープに近い味わいですが、九州醤油を使用しているため口当たりがとてもまろやか。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

「ライスに合うラーメン」をコンセプトに作られていて味はしっかり濃いめですが、醤油に角がないので思わず飲み干したくなるほど。

ちょうどこの日は極寒で、寒いからだに絶品スープが沁みる~!

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

麺は中太ウェーブ麺。

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

濃厚なスープにはやはり中太麺が良く合います。

とろみのあるスープがしっかり麺に絡まり、ガッツリとした食べ応えに。

トロトロの味玉とのハーモニーもバツグン!

博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式 白豚骨醤油ラーメン
画像:ゆりちゃん

卓上に置いてある白ゴマをたっぷりかけて、風味マシマシで食べるとさらにおいしいですよ。

博多ラーメンと醤油ラーメン、どちらも大好物な私にはたまらなく幸せでした♪

いつもの博多豚骨とは一味違うおいしさを、ぜひ体験してみてくださいね。(文/ゆりちゃん)


■博多豚骨醤油ラーメン 初代ZERO式
住所:福岡県福岡市博多区千代3丁目46-2
営業時間:11:00〜14:30(L.O.)、17:00〜20:30(L.O.)
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。 ※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる