1. トップ
  2. 恋愛
  3. 神戸港に2025年誕生の新・巨大アリーナ、その名称が決定

神戸港に2025年誕生の新・巨大アリーナ、その名称が決定

  • 2024.2.14
  • 131 views

兵庫県神戸市の港湾部を開発する「神戸アリーナプロジェクト」により、2025年4月に開業予定のアリーナ。その名称が決定した。

GLION ARENA KOBEの正面イメージ

神戸市のウォーターフロントエリア再開発として、日本初・270度海に囲まれた水辺のアリーナを建築する「神戸アリーナプロジェクト」。オフィシャルパートナーには、本社が神戸港に置かれている自動車ディーラー「GLION GROUP」が契約を締結した。

そして決定した新アリーナの名称は、「GLION ARENA KOBE(ジーライオンアリーナ神戸)」。規模は地上7階、最大約1万人が収容でき、兵庫県内では最大の規模となるという。バスケットボールチーム「神戸ストークス」の本拠地としてホームゲームがおこなわれるほか、音楽コンサートやeーSports、ビジネスイベントなど多様な企画の開催が予定。

また、周辺エリアには海と山の景色を一望できる「緑の丘」が建設されるという。「GLION GROUP」の代表の菊池秀武氏は、「2025年4月に開業予定のアリーナは、神戸の新しいシンボルとして地域の皆様に愛され、全国に広く深く浸透していくことと大きな期待をしております」とコメントしている。

「GLION ARENA KOBE(ジーライオンアリーナ神戸)」

住所:神戸市中央区新港町130ー1、130ー2
開業時期:2025年4月(予定)

元記事で読む
の記事をもっとみる