1. トップ
  2. ヘア
  3. 『スター・ウォーズ』8作目の公開がさらに遅れる?

『スター・ウォーズ』8作目の公開がさらに遅れる?

  • 2016.1.30
  • 4902 views

『スター・ウォーズ』シリーズ8作目『Star Wars: Episode VII(仮題)』の全米公開予定日が、当初のスケジュールから半年遅れになると先日お伝えしたが、さらに後ろ倒しになる可能性が出てきた。

undefined

【関連記事】技術スタッフってこんなに大事なんです! 惹きつける映像を生み出す、監督の"右腕"とは?

英Independent紙の報道によると、英国にある会社に所属する照明係たちが4年間未払いの給料の支払いを求めてストライキを決断。これにより、本作やトム・クルーズ最新作『The Mummy(原題)』、アメコミ新作『Wonder Woman(原題)』を含む9作品の製作がストップするという。関係者の一人は「映画をちゃんと作るためには照明が必要だ。照明抜きではいい画が撮れず、いい画抜きでは映画は作れない」と話している。

会社からの2%という給与アップをはねつけた照明係たちに対し、スト中止を求める映画プロデューサーたちが5〜8.5%のアップをオファーしているそうだが、彼らの要求は20%増のため、交渉は長引くかもしれない。給与をめぐる会社との交渉が決裂したことを受けて、約600人の照明係が契約解除を求めているという。

すでに2017年5月26日の全米公開が同年の12月15日へと変更された『Star Wars: Episode VII』。この後ろに9作目も控えているため、スケジュールがこれ以上遅れないでほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
(C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved