1. トップ
  2. レシピ
  3. ノロウィルス対策に!注目の成分「ラクトフェリン」とは?

ノロウィルス対策に!注目の成分「ラクトフェリン」とは?

  • 2016.1.29
  • 9543 views

激しい腹痛が特徴のノロウィルスは、具体的な治療法がないことでも知られていますが、最近手洗い・うがいの他にノロウィルスの新たな予防法として「ラクトフェリン」入りのヨーグルトが注目を集めています。美味しくノロウィルス対策ができる朝のヨーグルト習慣は、腸内環境を整え、美肌作りもサポートしてくれるという嬉しいメリットも。一石二鳥ならぬ一石三鳥が狙えちゃうラクトフェリンに注目ですよ!

■そもそもラクトフェリンって何?

ラクトフェリンは哺乳動物の母乳に含まれるタンパク質で、出産直後の初乳に多く含まれているのだそう。一説によると免疫の弱い生まれたばかりの赤ちゃんが病気にかかりにくいのはこのラクトフェリンのお陰だとも言われています。

■どうしてラクトフェリンがノロウィルス予防に効果があるの?

腸や十二指腸で増加するといわれるノロウィルス。森永乳業によると、ラクトフェリンがノロウィルスの予防として活躍してくれる理由が2つあるそうです。

ノロウィルスは小腸や十二指腸の細胞にすっと入り込み悪さをしますが、ラクトフェリンは腸の表面にはりつくことで、ノロウィルスが細胞内に入り込むのを防いでくれます。

もう1つはラクトフェリンが胃の中で変化してできる物質、「ラクトフェリシン」がノロウイルスに直接くっつくことで、腸の細胞に入り込むのをガードする働きがあるためと考えられています。

■バナナとはちみつをプラスして美肌効果もUP!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、水溶性の食物繊維とオリゴ糖をエサにして増加します。乳酸菌が増えることによって悪玉菌の増加を抑制し、腸内環境を整えてくれるので、女性に多いといわれる便秘の改善も期待できちゃいますよ。便秘はニキビをはじめとする様々な肌トラブルの原因ともいわれています。

「ヨーグルト・バナナ・はちみつ」の組み合わせは乳酸菌とそのエサとなる水溶性の食物繊維、オリゴ糖をとることができ、腸内環境改善にも繋がります。家でも簡単にできるので、美肌作りのために試してみてはいかがでしょうか?

腸が弱い方は、ノロウィルス予防にラクトフェリン入りのヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか? ちょい足しで美肌効果も狙えますよ。

(生井 理恵)