1. トップ
  2. スキンケア
  3. 意識しよう! 各タイミングにおいてボディークリームの効き方の違い

意識しよう! 各タイミングにおいてボディークリームの効き方の違い

  • 2016.1.29
  • 11664 views

冬になると気になるのがお肌の乾燥ではないでしょうか。

乾燥対策にはクリームをきちんと塗ることが大切ですが、タイミングによってボディークリームの効き方が違うのをご存知ですか?

お風呂場で

ボディークリームを塗るのに最適なタイミングなのが、お風呂場です。

しっかり塗っているのに、なかなか効果を感じられない、そんな人はお風呂場で塗っていますか?

意外と知られていませんが、ボディークリームは肌が濡れている状態で塗るのが一番効果があるんです。

塗るタイミングはお風呂から上がる直前、肌が濡れている状態の時です。

肌の水分を軽く切ったら、ボディークリームを塗っていきましょう。

お肌の乾燥はお風呂から上がった直後から急速に進みます。

湿度の高いお風呂場で塗れば、肌にある潤いをそのまま閉じ込めることができます。

濡れている肌は柔らかく、クリームの成分も良く浸透しますよ。

お風呂上りはタオルで押さえるように拭き、擦らないように注意しましょう。

 

お風呂上りに

ボディークリームを塗る二つ目のタイミングはお風呂上がりです。

お風呂上りは肌に水分が含まれている状態でありながら、かつとっても乾燥しやすい環境でもあります。

お湯で柔らかく、毛穴が開いた肌はとっても無防備でデリケートです。

お風呂上がりにボディークリームを塗ることで、肌を保護し、肌に含まれている潤いが蒸発するのを防ぐことができます。

お顔のスキンケアでいうなら、化粧水後の乳液のようなもの。

肌の潤いを守りながら、肌の表面を保護して刺激などからしっかり守ってくれます。

また、お風呂場で塗りそびれた部分や、乾燥が酷いボディーパーツに重ね付けしてケアする目的でも、お風呂上がりのボディークリームは重要です。

 

寝る前のケア

ボディークリームを塗るタイミングでもう一つ効果が違うのが寝る前のケアです。

寝る前のボディークリームは、寝ている間の乾燥を防ぎ、ラップパックをする効果が期待できます。

昼間は履けない保湿効果の高い手袋や靴下を使えば、一層ボディークリームの効果を実感できるはずです。

また、寝る前は比較的時間もあり、ゆったりとスキンケアを楽しむことができますね。

寝る前にボディークリームを塗ることにより、入浴中やお風呂上りに気づかなかった肌の乾燥を見つけられる機会になります。

入浴からある程度時間がたったタイミングで、もう一度見直すのに最適です。

 

タイミング別で違う効果

ボディークリームは塗るタイミングで効果が違ってくるのを理解していただけたでしょうか?

根本的な保湿や保護効果、ラップ効果と目的は少しずつ違います。

体の乾燥具合に合わせて、どの段階でボディークリームを塗るか考えてケアしたいですね。