1. トップ
  2. レシピ
  3. 『CSI』ウィリアム・ピーターセン、地元の偉人を称える番組に参加

『CSI』ウィリアム・ピーターセン、地元の偉人を称える番組に参加

  • 2016.1.28
  • 902 views

世界中で大ヒットした犯罪捜査ドラマ『CSI:科学捜査班』のグリッソム主任役で知られるウィリアム・ピーターセン。彼の"新作"は少し毛色の変わったものになるようだ。

undefined

【関連記事】グリッソム役の野島昭生をはじめ、銀河万丈×中村秀利×石塚運昇、そして関根勤が『CSI:』愛を語りまくる! 『CSI:TOP100スペシャル』収録現場に突撃!!

米Entertainment Weeklyの報道によると、イリノイ州出身で地元のシカゴ・カブスの大ファンであるウィリアムは、同球団のアナウンサーを長年務めたハリー・カレーの功績を称える特別番組でナレーションを担当するという。

ラジオやテレビでスポーツアナウンサーを務めたカレーは、セントルイス・カージナルス、オークランド・アスレチックス、シカゴ・ホワイトソックス、シカゴ・カブスと4つの大リーグ球団で50年以上にわたり勤務。名アナウンサーとして知られたが、1998年に83歳で亡くなった。

この特別番組『Holy Cow! The Story of Harry Caray(原題)』では、カレーの幼少期が彼の実況スタイルに与えた影響や、ホワイトソックスで11年、カブスで16年と計27年を過ごしたシカゴとの結びつきを取り上げるという。

昨年9月に全米で放送され、その2ヵ月後に日本でもお披露目された『CSI』完結編となる特別エピソードで、再びグリッソムに扮していたウィリアム。近作ではほかに、米WGN Americaのドラマ『Manhattan(原題)』に軍人役でゲスト出演していた。

ウィリアムがナレーターを務めるドキュメンタリー番組『Holy Cow! The Story of Harry Caray』は、米MLBネットワーク(MLBの専門チャンネル)にて2月2日(火)21:00より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィリアム・ピーターセン
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net