1. トップ
  2. 恋愛
  3. 真面目な彼がダメンズに変身!?  「年下彼氏」と付き合うときの注意点

真面目な彼がダメンズに変身!?  「年下彼氏」と付き合うときの注意点

  • 2016.1.27
  • 32681 views

職場で出会った年下彼氏くん。自分は年上があうと思い込んでいたけど、実際年下の彼と付き合ってみると、年下ならではのいいところがあったり、なかったり……。でもいくら普段は年齢を気にしないようにしているつもりでも、自分が彼よりも老けていると思うと、いろいろと気にする部分も出てきてしまいますよね。とくに「お金」に関する問題は非常にデリケートで、伝え方によっては彼のプライドを傷つけることになりかねません。

そこで今回は「年下彼氏」と付き合うときの注意点をご紹介してまいります。

彼のお母さんにはならない

年齢が離れていると、どうしても彼はあなたに甘える部分が出てきてしまうでしょう。しかし、いざというときは彼にしっかりしてもらわないと、彼女としては不安に感じますよね。なかには、まるで彼のお母さんになったように献身的に尽くす人もいますが、これでは真面目な好青年をただのダメンズに変身させちゃいますよ!

いくら自分よりも年が下だからとはいえ、あなたは彼のお母さんではなく、あくまでも恋人。しっかりと自立してもらうためにも尽くしすぎないように、適度な距離を保ちましょうね。

「割り勘」が一番!

彼の仕事にもよりますが、もしお互いに正社員として働けているなら、どちらかが多めに出す方法ではなく、割り勘にしておいた方があとあともめなくて済むでしょう。いくら彼が払うといっても、年上の立場として心苦しく思うはず。しかし、彼女であるあなたが彼の分まで負担する必要はないので「割り勘」と決めておくのが一番楽なんです!

万が一、彼に多く払ってもらったときは、後日ちょっとしたギフトを渡してあげて「ありがとうね」と、年上ならではの女性らしさをアピールすると、彼も内心胸キュン。「お金」のことでケンカになると精神的なストレスを抱えやすくなるため、付き合う段階でルールを決めておくと安心かも。

彼を子ども扱いしない

「年下彼氏」という認識でいると、どうしてもふっとした瞬間に「子どもなんだから」「まだ若いなぁ」と彼をお子ちゃま扱いするときがありませんか? しかし彼からしてみれば一生懸命、年上の彼女に追いつこうと頑張っているのに上から目線でものごとを言われると、心からそう思っていないとわかっていても、きっとイライラしてしまうでしょう。

同い年、あるいは年上彼氏ではないからこそ、年齢に関する発言を口にすると、一気に二人の関係がよろしくない方向へと進みます。仮に心の中ではお子さまだと思っていたとしても、男としてのプライドを保ってあげられるように配してあげましょうね!

いかがでしたか?

年下彼氏に尽くしすぎた結果、ただのダメンズになってしまった……という話はよく耳にしますよね。自分はそんな彼女にはならないと思っていても、実際に年下彼氏と付き合っていくと、ついついかわいくて尽くしたくなるもの。くれぐれも彼の自立心を妨害しないように気をつけて!