1. トップ
  2. メイク
  3. 森絵梨佳も実践!2016年開運カラー「赤メイク」で色っぽかわいく!

森絵梨佳も実践!2016年開運カラー「赤メイク」で色っぽかわいく!

  • 2016.1.25
  • 73258 views

申年の2016年は、なにかと「赤」推し! サルのお尻や顔が赤いことから、“赤を身につけると縁起がいい!”と言われています。それは、メイクにもしかり。

ここ数シーズン、「上気する血色カラー」、「おしゃれな差し色」としてジワジワ浸透してきている赤コスメが、さらに注目なんです。

『美的』3月号では、縁起もよくて、運気も浄化、つけるだけでおしゃれになって、色っぽくなる「赤メイク」をご紹介! 女の魅力を存分に引き立てて、モテ運もアップしちゃいましょう♪

◆赤クリームチーク

上気したような血色感を出す赤チークは、誰もを愛らしく見せます。大人が楽しむなら、あえて頬の下めの逆3角形の、自然な赤みが出る所に入れましょう。このナチュラルに幼さを出すチークの効果で、かわいらしくて甘やかな雰囲気の愛され女子に仕上がります。

[モデル使用色]カネボウ化粧品 CHICCA フラッシュブラッシュ 10 ¥5,000

 

◆赤の単色シャドウ

鮮やかな朱赤のアイシャドウで淡く目を囲むだけ。はっとする美人感と共に、ホワッとした色気を放つアイメイクです。単色使いでも目元に程よい奥行きを与え、赤のコントラストで瞳の色をクリアでキレイに見せてくれます。儚い雰囲気で守りたい存在に。

[モデル使用色]アディクション ビューティ ザ アイシャドウ アリス¥2,000

 

◆赤カクテルパウダー

透けるような血色感のある“桃肌”は、肌の質感が柔らかく見え、ピュアなオーラが漂う無敵の肌。パウダーは、全体に塗ると白浮きしがちなので、顔の中心のみにのせてナチュラルシェーディング効果を狙うのが正解。パーツメイクは、薄く肌を主役にしてお家デートに♡

[モデル使用色]シャネル ル ブラン ルース パウダー 20 ¥7,500

◆赤ネイル[上]

赤は女らしさと色気を表す色だから、意志をもって赤を塗るというその行為自体が既に色っぽいもの。さまざまなパーツの中でも、赤初心者が最も取り入れやすいのがネイル。かわいい赤ではなく、こっくり深みのある大人っぽい赤を、ネイルでぜひ取り入れてみて。

[モデル使用色]アディクション ビューティ ネイルポリッシュ アングリーレッド ¥1,800

 

◆赤リップ[下]

肌を白くキレイに見せ、オケージョンに映える華やかな存在になれる赤リップ。今なら軽やかな質感の赤がIN。おすすめは、シアーな赤を全体に塗って抜け感を出し、中央でしっかり色を感じさせるグラデ塗り。同じ赤でも質感によって古臭くなるので要注意!

[モデル使用色]イヴ・サンローラン・ボーテ ルージュ ヴォリュプテ シャイン45 ¥4,000(2月5日発売)

 

◆赤アイブロウ

眉に赤みを足すと、女らしい温もり感が加わります。意志のあるストレート気味の眉も、赤の効果でマイルドで優しげな雰囲気になります。柔らかさを感じさせるメイクなので、オフィスから女子会まで幅広く活躍。肌を白く見せてくれる効果もあります。

[モデル使用色]イプサ アイブロウ クリエイティブパレット ¥4,200

 

目元を彩って色っぽく見せてくれたり、体温を感じさせて女らしさをアップしてくれたり、顔に華やかさをプラスしてくれたりと、願ったり叶ったりの赤メイク! つけるだけでハッピーになれる色、2016年はぜひ取り入れてみて。(松本美保)

『美的』2016年3月号(小学館)