1. トップ
  2. 恋愛
  3. 気持ちをこめた告白の仕方とは

気持ちをこめた告白の仕方とは

  • 2016.1.24
  • 7212 views

告白を考えてる人はどうしたら成功するだろうかと頭を使ってしまいがちです。

でも気持ちを込めて告白することが一番大切ですよ。

気持ちを込めた告白の仕方をご紹介しますね。

きちんと向かい合って

メールやラインでも告白ができる時代ですが、気持ちを込めて告白するためには、

恥ずかしくてもきちんと向かい合って告白しましょう。

面と向かってきちんと気持ちを伝えられることは、相手にとっても気持ちが良いものです。

きちんと向かい合うことで、

あなたの真摯な姿勢や本気の気持ちをひしひしと伝えることができますよ。
また、メールやラインでなく実際に会って気持ちを伝えることで、

その時の空気感や緊張感も伝えることができます。

告白という勇気のいる行動を一生懸命している健気な姿は、

相手の気持ちを動かすほどの感動が時としてあります。

恥じらいながらでも、グダグダになりながらでも、あなたの言葉で相手に気持ちを伝えましょう。

どんな言葉でもきっと気持ちのこもった告白になりますよ。
 

周りの雰囲気も大切

気持ちを込めた告白をしたいなら、シチュエーション選びも大切です。

ざわざわとした雑踏や人の耳が気になるところでは、

どんなに気持ちを込めても上手く相手に伝わらなくなってしまいます。

告白は、できれば静かな場所で二人っきりになれるところを選びましょう。
例えば公園やお部屋などが良いですね。

時間帯も朝や昼よりは、夜が深まった時間の方が、静かで心に響く告白をすることができます。

他に邪魔するものの無いところで二人っきりで告白すれば、

自然とあなただけに注意が注がれて、気持ちも120%伝えることができますよ。
 

短い言葉が好印象

シチュエーションや告白の仕方が決まったら、後は気持ちを伝える言葉選びです。

気持ちを込めた告白というと長い方がいいかと思われますが、実は逆です。

端的に分かりやすい言葉であなたの気持ちを表現してください。

「好きです」「付き合ってください」といった言葉ほど、

ストレートに気持ちを伝えられるフレーズはありません。
間違っても出会った頃からの経緯を長々と話したり、

相手の好きなところを挙げていったりしないように注意しましょう。

精一杯の勇気を振り絞って一言を伝えることで、相手に真っ直ぐに届く言葉になりますよ。
 

真剣な気持ちは必ず伝わります

告白するからには、自分の気持ちを100%伝えたい。そう思うのは自然なことです。

でもあれこれと策を練らないで、素直な気持ちを伝えられることに集中しましょう。

きちんと向き合って気持ちを伝えれば、自然と心のこもった告白になりますよ。
(愛カツ編集部)