1. トップ
  2. メイク
  3. やっぱり憧れる欧米人顔!似せに行く彫り深メイクのポイント3つ

やっぱり憧れる欧米人顔!似せに行く彫り深メイクのポイント3つ

  • 2016.1.23
  • 13851 views

どの角度から見てもパッチリした目力に、クルンと上がったまつ毛、通った鼻筋……思わず憧れちゃう欧米人顔! 「メイクや雰囲気を真似たいけれど、そもそも顔が違いすぎる!」なんて諦めるのはちょっと待って。確かに日本人とは骨格レベルで違いますが、メイクで似せることができるのです。平坦なアジア顔でも海外セレブのような彫り深顔になるための大切なポイントは3つ。これであなたも、ケンダル・ジェンナーやミランダ・カーみたいになれるかも!?

彫り深メイクの3つのポイント

彫り深メイクの

3

つのポイント

アジア顔を欧米顔にするためには「骨格」を似せることが重要です。ただし、あまり意識し過ぎるとメイクお化けになりかねないので、全体のバランスをちょくちょく鏡でチェックしながらメイクをしましょう。

1】眉毛と目の間を狭くする

1

】眉毛と目の間を狭くする

日本人顔は、この間隔が広いのが特徴です。欧米人顔にするためには、何よりもここの間を狭めること。自眉のアンダーラインを目に近づけることで調整していきましょう。アッパーラインは眉毛を描き足さずに、コンシーラーやハイライトで眉骨を演出します。あくまでも自然になるよう、ボカす作業も忘れずに!

2】くっきり二重を作る

2

】くっきり二重を作る

一重や奥二重の場合、メザイクやアイプチなどでパッチリ二重を作りましょう。二重幅が目頭から目尻にかけて並行であればあるほど欧米風に仕上がります。アイシャドウはカラフルな色味よりもブラウン系を使って奥行きのある目元作りを。アイラインはオーバー気味に描き、目の横幅を広くします。さらに、まつ毛は長さを出した後にボリュームUPマスカラで仕上げて、縦にもワイドな目を演出!※セクシー系にするなら、まつ毛は上も下も目尻にボリュームをもたせると◎。

3】陰影をハッキリさせる
ハイライトとシェーディングで陰影を作ることで、顔全体の骨格を欧米風に仕上げます。ブルーの印がハイライトゾーン、赤の印がシェーディングゾーンです。

3

】陰影をハッキリさせる

一気に入れるとデーモン小暮閣下メイクになってしまう可能性もあるので、少量ずつプラスして、全体のバランスをくまなくチェック! 目元の印象をさらに強くするためにも、ノーズシャドウにつながる眉毛下の影入れもしっかりと行うこと。

この3つを丁寧に行えば、誰でも欧米人顔に近づけます。さらに似せ度を高めたいなら、カラーコンタクトを着用してみて。グッと印象が変わりますよ。