ゲス川谷の呪い? ベッキー・SMAP・甘利大臣…関わった人に負の連鎖でも本人は順風満帆!

タレント・ベッキーさん(31)との不倫が2016年1月7日発売の『週刊文春』に報じられて以降、何かと世間を騒がせているバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル、川谷絵音さん(27)。

1月14日発売の『週刊文春』では妻の独白が、1月21日発売の『週刊文春』ではベッキー謝罪会見前日にやりとりしたとされる二人のLINEのやりとりが掲載され、第一報から2週間が過ぎた現在でもいまだに不倫騒動はおさまる様子を見せていません。

そんな中、気になる“噂”がネット上で広がっています。その噂とは、解散報道に揺れたSMAP、金銭スキャンダルを報じられた甘利大臣に、川谷さんの“呪い”がかけられているのでは という説。さて、それはどういうことなのでしょう?

●ゲス川谷と関わった人がみなスキャンダルに巻き込まれている

川谷さんは不倫報道が出る以前に、SMAPへ『愛が止まるまでは』という楽曲を提供 していました。その後、SMAPには解散報道のスキャンダルが発生。

また、甘利大臣はマイナンバーカードをPRする際、ゲスの極み乙女。の楽曲『私以外私じゃないの』の替え歌 を歌っていました。その後、金銭スキャンダルが発生。

不倫報道によりCM打ち切りなど仕事に悪影響が出ているベッキーさんをはじめ、楽曲を提供したSMAP、替え歌をうたった甘利大臣にまで不幸なスキャンダルが発生してしまったということで、“川谷絵音の呪い”説が広まったようです。

これに対してネット上では、

『甘利大臣、マイナンバーカードでゲスの曲歌っちゃったからじゃない?』

『デスノートならぬゲスノート』

『ゲスの呪いすごすぎ……』

『スマップ解散にはゲスの呪いがかかってるのか……』

などの声が挙がっています。とはいえ、中には、

『ゲスのせいにするなんてひどすぎ! 甘利さんは自分が悪いことしただけ』

『なんでもかんでもこじつけるのやめてほしい』

といった、擁護コメントや川谷さんの呪い説の噂に嫌悪感を示す人もいました。

●当の本人は順調そのもの!?

しかし、ベッキーさん、SMAP、甘利大臣がピンチに陥っている中で、川谷さんの状況は正反対のよう。

ニューアルバム『両成敗』がオリコン週間アルバムランキング(1月11日~17日)で初登場1位を獲得。本日1月22日(金)放送のミュージックステーションに、自身がボーカルを務める『ゲスの極み乙女。』と『indigo la End』の2バンドで出演するなど、順調な音楽活動を続けています。

呪いかどうかはさておき、川谷さんに関わった人たちと川谷さん自身の現在の状況は、ハッキリ明暗が分かれている と言えそうな気がしますね……。

【画像出典元リンク】

・出典:川谷絵音 (@indigolaend)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/_5ctTtp_k6/?taken-by=indigolaend

(文/恋愛jp編集部・渡邉)

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理