1. トップ
  2. レシピ
  3. 煮魚を美味しく仕上げるコツ!

煮魚を美味しく仕上げるコツ!

  • 2023.12.8
  • 363 views

「得意料理」や「好きな料理」はなんですか。
と言われたら、なんとお答えしますか(^O^)

私は自信を持って言えるのは「煮魚」なんです。

幼い頃から、父も母も入退院を繰り返していたので、先生や祖母から教えてもらい、小学校高学年にはもう「煮魚」はお墨付きをいただきましたよ(^O^)

これから寒さが増してきますが、冬の魚が美味しい時節でもありますね。
食卓に「煮魚」があると喜ばれるのではないかと思い投稿致しました。

では、煮くずれをせずに、ふっくら柔らかく仕上げるコツを投稿したいと思います。

▼材料 (6人分)

・ なめたかれい:1パック
・ 水:600cc
・ 生姜(チューブ):小さじ2
・ 砂糖:大さじ4
・ 醤油:50cc
・ みりん:大さじ2
・ 酒:大さじ1
・ 椎茸:4個
・ 人参:1本
・ 大根おろす:適量

①こちらがなめたかれいです。
仙台では大晦日に「子持ちのなめたかれい」を食べるのが慣習となっています。
子孫繁栄、縁起が良いものとされています。

鱗も取ってあり、下処理済の煮るだけにしてあります。

②平鍋を持っていないので、大きなフライパンで代用しました。
水、砂糖、醤油、みりん、生姜、酒を加え一煮立ちさせます。
味を調整して下さい。

③予め十文字に飾り切りした椎茸、らん切りにした人参を加え、①のなめたかれいを入れます。
ここで、一旦温度が下がりますので、やや強火にします。

④アルミホイルで落とし蓋を作り覆います。
火をやや弱めて、じっくりと含め煮します。

アルミホイルで作った落とし蓋は必ず、ところどころハサミで、小さな穴を開けて下さい。
竹串で穴を開けても良いですが、少し大きめの穴にして下さい。

⑤時々、隙間からお玉で煮汁をかけ、味をよく含ませます。
だいたい40分ぐらいは煮込みました。

絶対にひっくり返したりせず、このまま含め煮します。

火を止めて、そのまま放置し、味をよく含ませます。

⑥器に盛り付けます。
完成(パチパチ)

お好みで大根おろしを添えます。

■ コツ・ポイント

煮魚は平鍋で煮る、ない時はフライパンなどで代用。

魚を煮る煮汁はよく温まってから入れること。
(煮くずれを防ぐためです)

アルミ蓋を落とし蓋で使うときは、煮汁が吹き出してくるので、必ず数箇所穴を開けておいて下さい。

暮らしニスタ/舞maiさん

元記事で読む
の記事をもっとみる