1. トップ
  2. レシピ
  3. ハマります♡お店みたいな濃厚ココアを作る、たった1つのコツとは?おうちカフェに♪

ハマります♡お店みたいな濃厚ココアを作る、たった1つのコツとは?おうちカフェに♪

  • 2023.12.8
  • 8666 views

こんにちは、家事コツ研究員のYです。寒い日に飲みたくなる温かい「ココア」。でも、普通に作るだけではもったいない!実は「あるモノ」を入れると劇的においしくなるんです♡。ほんのちょっぴり入れるだけでおいしくなる「あるモノ」とは?さっそくご紹介します♪

いつもの材料を用意

まずはいつもの材料を用意します。※分量は目安です。

・ココアパウダー(純ココア):小さじ山盛り2(約5g)
・砂糖:小さじ山盛り2(約7g)
・熱湯:10ml
・牛乳:120ml

ここに、どの家庭にもある調味料を加えます。それは…

ごく少量の「塩」で濃厚ココアに変身♡

ココアをより濃厚に格上げしてくれる「あるモノ」とは、ほんの少しの「塩」!ちょっぴり塩を加えることでカカオの香りが引き立ち、深い味わいになるんです♪

普通の食塩でOKですが、天然塩なら、なおグッド。入れる量はひとつまみよりも、もっと少量を目安にしてください。

作り方のポイント

カップにココアパウダー(純ココア)、砂糖、塩を入れて混ぜ、少量の熱湯を加えてよく練ります。

このとき、ツヤが出てなめらかになるまでしっかり練るのがポイント!よく練ることで粉っぽさが消え、とろりとした口あたりのココアに仕上がります。

温めた牛乳を注ぎ、よく混ぜ合わせて完成です。

塩を入れない通常のココアと比べると、カカオの力強さは段違い!チョコレート専門店で飲むホットチョコレートのようなおいしさにうっとり♡

どのココアでもおいしくなる?

ココアには「ココアパウダー(純ココア)」と「調整ココア」の2種類があります。写真の左が今回使ったココアパウダー、右が調整ココアです。ココアパウダーはオランダの「バンホーテン ピュア ココア」が有名ですよね。

調整ココアはインスタントココアのこと。原材料を見るとココアパウダーのほかに糖類、脱脂粉乳、食塩などが入っています。調整ココアはお湯だけでも飲める配合になっているため、あえて塩を入れる必要はないのです。

ちなみにココアパウダー(純ココア、ピュアココア)は製菓の材料としても使われるため、糖分や食塩が一切入っていません。その分、カカオの風味が強いので本格的なココアが楽しめます。

調整ココアしかないときは、練るときにひとかけらのバターを加えてみてください。コクが増して、より本格的なココアになりますよ。

「塩」をほんの少し加えるだけでカカオの風味が引き立って、いつものココアがグッと深い味わいになります。寒い日が続くこれからの季節にぜひ試してくださいね。

文・写真/米田モック ※暮らしニスタの記事を再編集して配信しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる