中谷美紀、男性諸君に「女性の恐ろしさを観にきて」【インタビュー前編】

2011年に中谷美紀さんが初舞台を踏んだ舞台『猟銃』が、4月東京・パルコ劇場ほかで再演されることになりました。『猟銃』は、シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』などの演出家フランソワ・ジラール氏が井上靖さんの同名小説を舞台化し、“妻と愛人そして愛人の娘”のそれぞれの胸に秘められた思いをその男性に宛てた手紙で綴るストーリー。

中谷さんは1人3役を見事に演じ、「第19回読売演劇大賞」優秀女優賞と「第46回紀伊國屋演劇賞」個人賞を受賞するなど話題となりました。

 

その中谷さんにWoman Insightではインタビューを行い、初演時の思い出や再演にあたっての思い。また、熱演のステージを降りたあとのリフレッシュ方法など全2回に分けてお届けします。今回は『猟銃』という作品についてです。


Woman Insight編集部(以下、WI『猟銃』が初舞台でした。いまその頃を振り返って、いかがですか?


中谷美紀(以下、中谷) そうですね。今まで触れてきた“演じる”という仕事で、まったく新しい扉を開いて人生そのものが変わったように感じています。


WI 舞台は別の世界でしたか?


中谷 観客として観ることは好きでしたし、クオリティの高い作品は、日本や世界中にたくさんあると思います。そういう作品を観れば観るほど、自分自身がその「クオリティに達するものを作れないのではないか」と、理想と現実のギャップを常に感じていたので、まさか自分自身が実際に舞台で演じるとは思っていませんでした。


WI でも、賞をたくさん受賞されましたよね。


中谷 それはビギナーズラックで(笑)。下駄を履かせていただいたところもありますし……。やはり演出家が素晴らしかったからだと思います。演出家のフランソワ・ジラールさんは日本語を理解できていないにも関わらず、私が発する言葉から“そこに真実が込められているか”を察してくださって……。とにかく真実の感情を掘り起こすようにしてくださったので、助けていただきました。


WI 稽古期間はどれくらいだったのでしょうか?


中谷 『猟銃』に関しては稽古期間が3週間で、1日5時間のお稽古でした。でも、短い稽古時間なのに、雑談に費やす時間が多くって、私自身は不安になってしまったほどなんです(笑)。


WI どれくらい雑談に費やされていたのですか?


中谷 最初にお茶から始まって、1時間ごとにお茶を入れてくださって(笑)。そのお茶の時間に「キャラクターについてどう思うか」と、本当に雑談的にほかのスタッフやプロデューサーに尋ねてみたり……。私は“いつ稽古するんだろう?”と不安になって“そんな暇があるなら稽古をしたい!”と思ってしまったんです。でも、むしろ演出家にとってはその時間が大切だったんだと思います。


WI 本当に日本とは違うんですね。


中谷 不思議ですよね。我々日本人って勤勉でひっちゃきになって働いて「苦労を伴わないと、どこかいいものができない」と思ってしまいますが、海外の方はきちんと土日はお休みになって……。稽古期間が3週間しかなかったので、「土曜日もお稽古してください」と無理やりお願いしました。それでも、週に1回(日曜)は必ず休み、1日たった5時間の稽古でも良質な作品ができるのですね。


WI その5時間にお茶の時間もある(笑)。


中谷 そうです。5時間のうちほどんど稽古していないですけれどね(笑)。そういう仕事の仕方もあるんだな。と思いました。

 


WI 気になったのですが、出ずっぱりの1時間半にもおよぶセリフをどうやって覚えられたのですか?


中谷 もう必死です。余裕がありませんでした(笑)。


WI 初演はモントリオールがスタートで、初舞台が海外となりました。いかがでしたか?


中谷 モントリオールのお客様には、日本語が分からない分、多少間違えても大丈夫だろうという安心感みたいなものがありました(笑)。それに震災の後だったのでわりと日本人に対する温かい眼差しというのを感じました。それこそ「お客様がひとりも来ないのでは」と思っていました。でも、おかげさまで本当に多くのお客様にご覧いただけて、スタンディングオベーションまでいただけたというのは「温かい気持ちで迎えてくださったのかな」って思います。


WI 私も、モントリオールでも多くの観客の皆さんがお越しくださったと聞きました。


中谷 演出家がモントリオールのご出身なんですね。でも、世界中でオペラや「シルク・ドゥ・ソレイユ」の演出、映像のお仕事をされている方なので、なかなかモントリオールに戻られて演出する時間が無いようなんです。ですから地元の皆さんが、演出家の作品を待ち望んでらして「ようやく帰ってきてくれた!」という思いもあったようです。私も、取材を受けた時に注目度の高い作品だったんだと感じました。


WI その後、日本に凱旋しましたが、日本の観客の皆さんの印象はいかがでしたか?


中谷 やはり、日本のお客様のほうが緊張しました。素晴らしい作品を見慣れたお客様が、私の初舞台をご覧くださるわけですから、本当に緊張しました。初日に緊張しすぎて、一番最初の暗がりの中でマッチに火をつけるというシーンなのに、マッチに火がつかなくって、焦ったらさらに火傷をしてしまって。そうしたら今度は体勢を崩して転びそうになりました(笑)。


WI その時セリフは?


中谷 転びそうになりながらも、セリフを間違えないように必死でした。火がつかなくってもセリフだけは進めないといけないので(笑)。


WI そして、いよいよ4月に再演されますが、初演から変わったところはありますか?


中谷 実は、まだお稽古が始まっていないので……。なによりもまずはセリフを覚えることが先決ですね。今は、戯曲(原作)を再び読み終わったところです。自分の年齢のせいなのかもしれませんが、初演時や最初に読んだ10年前よりもより悲しく思えてきています。


WI どうして、再演に気持ちが動いたのですか?


中谷 常に矛盾した感情がありまして、自分自身の「人生を変えた作品」でとても大切な作品ですし、自分自身で「できない」と自分の限界を設けていたけれども、「“一歩踏み出せばできる”。そして可能性は無限に広がっていく」ということを教えてくれた作品なので、もう一度演じたいという気持ちと二度と演じたくないという気持ちが常に混在していました。


WI そして、再演が実現されることになりましたが。


中谷 プロデューサーが、セットも衣装も取っておいてくださって、倉庫に保管されていたのですが、保管料もかかっているので、どこかで回収しようと(大笑)。


WI それは書いて大丈夫ですか?(笑)


中谷 本当のことなので大丈夫です(笑)。

 


WI セットも印象的ですよね。


中谷 そうですね。演出家のフランソワ・ジラールさんが作られたセットですが、本当に素晴らしいと思います。木と石と水というのをとても大切にされていたので、それをシルク・ドゥ・ソレイユの美術などを手掛けるフランソワ・セガンさんが具現化してくださって。本当にミニマルな世界なんですが、ミニマルだからこそお客様に想像していただく余地を持っているので、よりお客様の感性も試される作品だと思います。


WI 役と場面転換が違和感なく、拝見して面白かったです。


中谷 そうですね。とにかく演出家からお話をいただいて5年ぐらい逃げていたのですが(笑)。「本当にやろう」と具体化した早い段階で、キャラクターの変遷についてはだいぶ考えていらっしゃいました。「着物をステージ上で着させたいんだ。どうしたらいいと思う?」とかおっしゃっていました。


WI 観ていても、本当に「凄い」と思いました。


中谷 やはりセットの場面転換によって私自身の気持ちも、自然に切り替わり受け止められるので、本当にさすがだなって思いますね。

 


WI では、まだ観ていない皆さんへメッセージをお願いします。


中谷 ちょっと無謀とも思える“賭け”を、初演に続きまた今回もさせていただくことになりました。おそらくすべての女性が3人のうち誰かに共感していただけるのではないかと思いますし、男性のお客様には、ぜひ女性の恐ろしさを観に来ていただきたいです(笑)。


WI 本当に男性がご覧になられたら、「女性は怖い」と思いそうです。


中谷 そうですね。男性のかたは盛り上がるか無言になるかですね(笑)。

 

質問に丁寧に答えてくださった中谷さん。でも時折、真剣な表情で面白ことを話されるので、つい声を出して笑ってしまいました。そして、皆さんへのメッセージ。私も拝見した時に「女性は怖い」と思ったひとりなので、ご覧になった皆さんの反応が気になります。後半は、中谷さんのパワーの源やリラックス方法についてお届けします。(平山正子)

『猟銃』<東京公演概要>
[公演日程] 2016年4月2日~4月24日
[会 場] パルコ劇場(東京・渋谷)
[原 作] 井上 靖『猟銃』
[翻 案] セルジュ・ラモット
[日本語台本監修] 鴨下信一
[演 出] フランソワ・ジラール
[出 演] 中谷美紀 ロドリーグ・プロトー
[前売開始] 1月23日(土)より
※他、新潟、京都、愛知、兵庫、北九州公演あり

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理