1. トップ
  2. ダイエット
  3. 節約美容!手軽に使える湯たんぽの魅力

節約美容!手軽に使える湯たんぽの魅力

  • 2016.1.20
  • 10157 views

お風呂に入って身体を温めたり、暖房で部屋を暖かくしても、寒い場所にいるとすぐに冷えてしまうこの時期。
また、寝るときはどうしていますか?
暖房やヒーターがあるから大丈夫、と思っている方も多いかもしれませんが、付けたまま寝てしまうと空気が乾燥して喉を傷めてしまったり、翌朝お肌が乾燥してしまっていることも…。
そんな時は!手軽に買える湯たんぽがオススメなのです。

undefined

出典:@cosme

今は電気毛布なども普及され、若い世代の方は湯たんぽを持っている人は少ないのではないでしょうか?
でもきっと、湯たんぽの美容効果を知れば買わずにはいられなくなってしまいますよ…♪

●安眠効果

undefined

身体が冷えてなかなか寝付けないという人もいるのでは?

いくら暖かいお布団の中に入っても、末端冷え性の方は足だけ冷たい、、という悩みを抱えている方も少なくないと思います。

身体の冷えが原因で睡眠不測になってしまうと、免疫力が低下してしまいますよね。なので優しい温かみがある湯たんぽでしっかり身体を温めてあげることで、ホルモンのバランスも良くなるのです。

●生理通を和らげてくれる

生理の痛みは人によって様々ですが、中には痛すぎて寝付けない方もいますよね。身体が冷えると血液循環が悪くなって子宮や卵巣機能が低下してしまいます。冷えが原因で生理通が悪化してしまった日は、湯たんぽでお腹や腰を温めてあげましょう。
湯たんぽを抱きかかえるようにして寝て温めることで、子宮や卵巣への血流が良くなりますよ。
ただし、ずっと持っていると低温やけどをしてしまう恐れもあります。徐々に足元にずれしていくようにするといいですね。
お尻や二の腕のほうも温めてあげると、全身が温かくなりやすいのでオススメ。

●乾燥肌予防に

undefined

先ほども書いたように、寒いからといって暖房を付けて寝るのは危険!お部屋の空気が乾燥して、お肌もゴワゴワになってしまうので要注意です。

また、朝まで一定の温度を保つ電気毛布を使用するよりも、ゆっくりと温度が下がり、湿度が保たれ、お肌に負担がかからない湯たんぽの方がお肌に優しい気がしませんか?

暖房と違ってじわじわと身体の中から温まるのでリラックスした時間を過ごすこともできますね。

●むくみ解消に

undefined

入浴前に湯たんぽで身体を温めてあげてみてください。
これからお風呂に入るのだから、先に温める必要はない、と思うかもしれませんが、冷え切った身体はまず冷えた場所を温めてから入浴しないと、結局身体の表面しか温まらず、身体の芯までうまく温まらないのです。
入浴する前に、お湯の温度と身体の温度を縮めておくことで、より身体の芯から温めることができますよ。

部屋の空気も乾燥しなければ、お肌にも優しい、喉も渇かない、コストが良い…!!と良いことばかりの湯たんぽ。
試したことがない人はぜひこの機会に試してみてくださいね。