1. トップ
  2. おでかけ
  3. 覆面芸術家・バンクシーを追うドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』NY、狂乱の1カ月

覆面芸術家・バンクシーを追うドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』NY、狂乱の1カ月

  • 2016.1.20
  • 612 views

覆面芸術家・バンクシー(BANKSY)を追ったドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が、2016年3月26日(土)より渋谷シネクイント他にて公開される。

世界で最も著名なストリートアーティストでありながら、決して自らの正体を明かすことはないバンクシー。彼が世界各地でゲリラ的に壁や路上に「違法」で描いたグラフィティは大きな注目を浴び、驚くほどの高値を呼んでいる。『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』は、そんな彼がアメリカ・ニューヨークで始めた、1ヶ月にわたる展示に密着した作品だ。

2013年10月1日、告知もなく突然始まったその展示は、バンクシーが毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿するというものだった。 作品を求めてニューヨーク中を駆け回る人々。ストリートとインターネットを股にかけた「宝探し競争」が勃発した。

現れるのはTwitter、Instagram、Facebook、Vine を駆使してバンクシーの作品を捜索する人々、作品を上書きするグラフィティ・ ライター、アクリル板でグラフィックを保護するビルオーナー、即作品を売買するギャラリーオーナー……。様々な立場から行われる〝バンクシー・ハント“は、ますます加熱していくのだったーー。

自らの作品をMoMA、メトロポリタン美術館、大英博物館などに無断で展示したり、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区の分離壁に、イスラエル軍から威嚇砲弾されながら作品を描いたり、仏カレーの難民キャンプにはシリア移民の父を持つ故スティーブ・ジョブズを描いたりと、つねに作品で問題提起を行ってきたバンクシー。彼の鋭く社会を見つめる視線と、遊び心をもたせた表現は、フィルムの中で克明に描き出される。

【公開情報】
バンクシー・ダズ・ニューヨーク
公開日:2016年3月26日(土)
上映:渋谷シネクイント他
監督:クリス・モーカーベル
製作:2014年/アメリカ
作品時間:81分
カラー/16:9/DCP