1. トップ
  2. 恋愛
  3. レオナルド・ディカプリオ、露大統領プーチンを演じてみたい!

レオナルド・ディカプリオ、露大統領プーチンを演じてみたい!

  • 2016.1.20
  • 2546 views

『レヴェナント:蘇えりし者』の演技でこれまでゴールデン・グローブ賞をはじめ数々の賞に輝いており、アカデミー賞でも有力候補と言われるレオナルド・ディカプリオ。彼が演じたい役として、ロシアの政治家ウラジミール・プーチンを挙げていることが分かった。英Digital Spyなどが報じている。

undefined

【関連コラム】社会や環境、人間性について考えるきっかけに! "地球まるごと"の大異変を描いたTVドラマを振り返る

レオナルドは独Die Welt紙の取材に対し、「プーチンは非常に興味深い人物だね。ぜひ彼を演じてみたいよ」と発言している。

実はレオナルドは実際にプーチンと対面している。環境問題に熱心なことで知られる彼は2010年、絶滅が危惧されるアムールトラの保護に関する会合で、露のトップと言葉を交わしていた。「僕の財団は、こうしたネコ科動物を保護するためのプロジェクトに対して財政的な援助を行っているんだ。その関連で、プーチンと話し合ったことがあるんだよ。政治の話はしなかったけどね」と説明したレオナルド。

その会合に出席するため、悪天候にもかかわらず飛行機に乗ってきたハリウッドスターについて、プーチンは「本物の男」と称賛していた。

なお、レオナルドはプーチンに限らず、ロシア全体に大きな関心を抱いているという。「ロシアの歴史に関する映画がもっと作られるべきじゃないかな。同国の歴史には、シェイクスピア作品のように様々な物語があるからね。俳優として惹かれるよ。(ウラジーミル・)レーニンも演じたら面白いだろうね。(グリゴリー・)ラスプーチンもやってみたい」と、過去の政治家や祈祷師の名前も挙げている。

これまで、詩人アルチュール・ランボー(『太陽と月に背いて』)やフランス皇帝ルイ14世(『仮面の男』)、大富豪ハワード・ヒューズ(『アビエイター』)、FBI初代長官フーバー(『J・エドガー』)といった実在の人物を演じてきたレオナルド。その経歴にロシアの歴史上の人物も加わる日は来るのだろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:レオナルド・ディカプリオ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net