1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 27歳女性、高校教員、年収260万円。沖縄県の実家で暮らすも「あまり貯金ができていない」理由を明かす

27歳女性、高校教員、年収260万円。沖縄県の実家で暮らすも「あまり貯金ができていない」理由を明かす

  • 2023.11.27
  • 11178 views
All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では沖縄県うるま市在住・27歳女性のエピソードを紹介します。
All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では沖縄県うるま市在住・27歳女性のエピソードを紹介します。

実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。経済的な事情、自身の健康状態、家族の介護など、あらゆる事情が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、沖縄県うるま市在住・27歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:27歳女性
在住:沖縄県うるま市
同居人数:両親、自分
世帯年収:父300万円、母800万円、自分260万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:高校教員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:4万円
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:1万円
貯金総額:50万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「どちらともいえない」とし、「30歳までに結婚して出たいとも思っているが、相手がいない」と回答。また、恋愛や結婚願望については、「人生で寄り添ってくれる人は欲しいと思うし家族を作りたいとも思う」と話しました。

貯金ができ、住み慣れた場所で生活できるので実家暮らしを続けている

現在、実家暮らしを選択している理由は「家賃代や光熱費などの費用が一切かからず、貯金をしようと思えば実家暮らしの方が断然貯金する額が増えてやりやすいため」と回答。

また「自分が住み慣れた場所というのはやっぱり落ち着くし、家に帰っておしゃべりをする人がいるのは楽しいから」と続けています。

実家での暮らしが落ち着き、なおかつ人がいる生活に楽しみを見出している回答者。それとともに金銭的な面でも節約と貯蓄ができ、実家暮らしのメリットを大きく生かしているようです。

「年齢を重ねるほどに親の顔色が気になるようになってきた」

一方で、実家暮らしでは家族との付き合い方について苦悩があるようです。

「毎日の夕飯作りや休日の家事などは大人になってからの方がやらないといけない気がしてきて、それをやると休みなのに休んだ気にはならない。そこはもう少し自由気ままに生活したいと思っている。年齢を重ねるほどに親の顔色が気になるようになってきた」とも語り、家族生活ならではの悩みを告白しました。

また、実家暮らしをする上でのお金に関する悩みについて尋ねたところ「実家暮らしの方がお金が貯まりやすいと思うが、毎月の給料で手元に余るお金が多いのも事実で、ちょこちょこ何かしらに使ってはあまり貯金ができていないということになっている。そこは自分を強く持たないといけないと思う」と回答。

実家暮らしに大きなメリットを感じている回答者。しかし、実家での恩恵をフルに活用するためには自身の欲望をコントロールすることも必要になるようです。また、実家での自身の役割をこなし、両親と円満に暮らす必要もありそうです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。

文:鎌田 弘

元記事で読む
の記事をもっとみる