「フランスパン」と「バゲット」の違いって知ってる?

みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違いを答えられる人は多くはないはずです。

バゲットは、フランスパンの中のひとつの種類!

フランスパンとバゲットの違いとはズバリ、バゲットはフランスパンの中のひとつの種類だということです。そもそもフランスパンとは、小麦粉、水、塩、イーストのみで作られるフランス発祥のパンの総称で、皮が固い特徴があるパンです。

その中でもバゲットとは全長が約70~80cm、重量300~400g前後のフランスパンのことで、フランスパンの中では比較的細長い部類に属し、パリパリした表皮で、味は塩味であることを特徴にしています。

また、バゲットとはフランス語で「杖」という意味です。

他にも覚えておきたい! フランスパンの種類

フランスパンとバゲットの違いはわかったかと思いますが、ではフランスパンにはどのような種類があるのでしょうか?

フランスパンには「1kg」という意味の太いドゥ・リーブル、「パリっ子」という意味の棒状で切れ込みのあるパリジャン、「中間の」という意味でパリジャンのバゲットの中間にあたるバタール、その名の通り笛の「フルート」のように細長い棒状のフルート。

「ひも」という意味のフィセル、ボール状の小および中型フランスパンのブール、西洋キノコの形をしたシャンピニョン、「TWIN(双子)」という意味のフォンデュ、「たばこ入れ」という意味でフタをかぶせたような格好のタバチュール、小型のクープの11種類があります。とてもたくさんありますね。

どれもその形状と総重量から種類分けがされています。同じ材料で作られていても形が違うだけで、かなり味の印象も変わってくるのが不思議なところですね。

フランスパンは、明治時代から愛されているって知ってた?

日本ではフランスパンといわれていますが、フランスでは「パン・トラディショナル」と呼ばれる、まさにフランスの伝統ともいえるパン。前述したように小麦粉、水、塩、イーストのみで作られますが、気温、湿度の影響を受けやすく、その日の状況によってはこう、焼け具合を調整する必要がある、作るのにとても技術がいるものです。

元々は生地を直火で焼いていたため焦げた色をしていましたが、19世紀頃今のように窯で焼くきつね色のプランスパンになったといわれています。日本に伝わったのは明治時代で、東京の小石川にあったフランスのカトリック教会の孤児院(カトリック関口教会の前身)にいる孤児への職業訓練としてフランスパン作りが最初でした。その孤児が仏領インドシナで本場の製法を学び誕生した日本で最初のフランスパンは、なんと現在でも昔と変わらぬ味で製造されています。

 

元記事を読む
提供元: TABILABOの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理