小学校とは目的が違う? 中学校の「英語」の成績をアップする勉強法

こんにちは、現役塾講師の福嶺美優です。

小学5、6年生で英語が必修化されるなど、早期の英語教育が盛んになってきました。

塾講師をしておりますと、英会話に小学生のころから通っていても、 中学の定期テストでの英語の点数があまり伸びないという相談を受けることがあります。

中学校の定期テストで点数を上げるためには、勉強法を変える必要 があります。

そこで今回は、英会話と中学英語の違いをご紹介します。

●小学生と中学生では英語教育の目的が違う

学校教育でも、小学校では“会話”の力をつけること、中学校では“読み書き”の力をつけることと、という風に目的が違います。

そのため英会話を習っていても、文法問題や単語の書き取りができないと、中学校のテストでは点数が伸び悩むことが多いことも少なくありません。

西角けい子さんは著書『子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!』の中でこう述べています。

**********

おもに小学生で英語を学習する目的は、国際感覚を身につけたり、英語が少しでも話せるようにとの観点から、『話す』『聞く』ための指導に重点が置かれます。しかし、日本の中学校の英語教育は、かなり変わったとはいえ、いまだ『読む』『書く』がメインです。

**********

中学校の定期テストで点数を伸ばすには、読み書きの力を伸ばす ことが必要です。

●テストに合わせた勉強をする

中学校のテストでは、主に教科書の内容から問題が出題されるため、教科書の内容をマスター しておくことが大切です。

西角さんは前出の著書の中でこう述べています。

**********

一般的に言われる中学英語の基礎力は、すべて教科書のレベルを参考に設定されています。英語は教科書を完全にマスターすれば、驚くほど効果が出ます。

**********

まずは教科書に出てくる単語は書けるようにすることが大切です。

また、教科書の基本文を例とした文法問題も多く出題されることも多いので、教科書を暗記しておくことで点数を伸ばすことにつながります。

----------

いかがでしたか。もちろん英会話の力も国際社会を生きる上で大切です。

しかし、読み書きが目的の中学のテストは、それに合わせた勉強法に変えることで、点数の伸びが期待できます。ぜひ参考にしてみてください

【参考文献】

・『子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!』西角けい子・著

●ライター/福嶺美優(現役塾講師)

元記事を読む
提供元: パピマミの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理