1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ダイソーの「アドベントカレンダー」でクリスマスをカウントダウン!作り方と中に入れるおすすめプレゼントは

ダイソーの「アドベントカレンダー」でクリスマスをカウントダウン!作り方と中に入れるおすすめプレゼントは

  • 2023.11.23
  • 10203 views
SHUFUFU

11月に入ってから、あちらこちらでクリスマス商品を目にする機会が増えてきました。

ツリーやリースをはじめ、スノードームやオブジェなど様々なアイテムが販売されており、つい欲しくなってしまいます。

そんな数あるクリスマスアイテムの中で、今回ご紹介するのはDAISOで販売されている「アドベントカレンダー」という商品です!

アドベントカレンダーとは、12月1日からクリスマス当日の25日までをカウントダウンする期間限定の特別なカレンダーのこと。

今回は、お子さんと一緒に作って楽しめるダイソーの「アドベントカレンダー」キットを作って実際に使ってみた使用感などを紹介します!
クリスマスをより一層盛り上げるためのグッズとして是非チェックしてみてください。

アドベントカレンダーとは

アドベントカレンダーとは
SHUFUFU

「アドベント」とは、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことで、「アドベントカレンダー」はキリスト降誕を待ち望む期間に使用されるカレンダーをさします。

現在では「クリスマスまでのカウントダウンを楽しむもの」として使用されていて、カレンダーの日付ごとに箱や窓がついており、クリスマスまでに毎日一つずつ開けていくと、中には小さなプレゼントが入っています。

プレゼントには、キャンディー、おもちゃ、イラスト等が入っています。中でもコスメやチョコレートのアドベントカレンダーは有名で、人気ブランドの物は即完売なんてこともあるそうです。

中に入れるものは自由で、地域によって宗教色の強いものや娯楽用など様々あるそうです!

DAISOの箱タイプ アドベントカレンダーは2種類

DAISOの箱タイプ アドベントカレンダーは2種類
SHUFUFU

DAISOで販売している、箱タイプのアドベントカレンダーはこちらの2種類!
クリスマスアイテムが並ぶコーナーで見つけました。

どちらも価格は税込み110円で販売されています!

袋のサイズが縦約30cm・横約17cmと、思っていたより小ぶりの可愛いサイズ感です。
右側のレトロな配色のアドベントカレンダーは、最終的な組立て時に屋根部分がないので更に小さめ!

左側のアドベントカレンダーが【トイファクトリー】、右側が【ノエル】というデザインだそうです。

色味・デザイン共に異なり、どちらも可愛らしいですね。

中に入っているもの

トイファクトリーの中身

トイファクトリーの中身
SHUFUFU

ノエルの中身

ノエルの中身
SHUFUFU

トイファクトリー、ノエル共に10種類のパーツが入っています。
厚紙なので強度がありそうです!

アドベントカレンダーの組み立て方

トイファクトリー、ノエル両方を組み立てていきます!
所要時間は5分程度で、簡単に組み立てることが出来ます。

まずは作業工程の多いトイファクトリーから作っていきましょう。

トイファクトリーの組み立て方

トイファクトリーの組み立て方
SHUFUFU

全6工程で、袋の裏側に作り方が記載されています。
作り方のイラスト付きなのでわかりやすいです!

外枠部分
SHUFUFU

外枠部分はこんな感じ!折り筋もついているので、1分程度で完成しました。

折り筋に沿って山折りにするだけ
SHUFUFU

こちらは仕切り部分のパーツです。
折り筋に沿って山折りにするだけなので、小さなお子さんも一緒に出来るでしょう!

仕切り部分を組み合わせたもの
SHUFUFU

仕切り部分を組み合わせたものです。

箱に仕切りをはめ込み、内側部分が完成
SHUFUFU

箱に仕切りをはめ込み、内側部分が完成です!

ノエルの組み立て方

ノエルの組み立て方
SHUFUFU

全4工程で、屋根部分がないこと以外はトイファクトリーとほぼ同じ作りです!

箱部分は4ヶ所の切り込みに、それぞれツメをさすだけ
SHUFUFU

箱部分は4ヶ所の切り込みに、それぞれツメをさすだけであっという間に完成!

山折りにした仕切りパーツを格子状に
SHUFUFU

トイファクトリーと同様に、山折りにした仕切りパーツを格子状に組み立てていきます!

箱にはめ込み、内側部分が完成
SHUFUFU

箱にはめ込み、内側部分が完成です!

プレゼントを入れてフタをしたら完成

プレゼントを入れてフタをしたら完成
SHUFUFU

それぞれの仕切りの中にお菓子や好きなアイテムを入れ、フタ(表のデザイン)をかぶせて側面の切り込みにツメをさしこんだら完成です!

厚紙且つ、仕切り部分もしっかりしているので強度がありますね。

※一度フタをすると、ツメ部分が固定され開けづらくなるので、中身を確認してから閉じることをおすすめします!

組み立て後のアドベントカレンダーの大きさ

トイファクトリーとノエルは、屋根部分を除いてサイズが一緒なので、まとめてご紹介します!

箱全体の横幅は約7cm
SHUFUFU

箱全体の横幅は約7cmほどです!

縦幅は約26cm
SHUFUFU

トイファクトリーの縦幅は約26cm
ノエルは屋根部分がないので、約22cmです!

厚みは4㎝
SHUFUFU

厚みは4㎝程度あります!

仕切り1つ分の縦幅は、約4cm
SHUFUFU

仕切り1つ分の縦幅は、約4cmあります!

仕切り1つ分の横幅は約3cm
SHUFUFU

仕切り1つ分の横幅は約3cmです!

※1番狭い部分で測った数値なので、両サイドはもう少し余裕があります。

ボックスの中に入れるプレゼントは何がいい?

中に入れるプレゼントを選ぶ際に気を付けなければいけないのが「サイズ」です!
先ほど大きさの部分でもご紹介した通り、仕切り1つ分の大きさは下記でした。

縦:約4cm
横:約3cm
厚み:約4cm

この大きさを超えないように選ぶ必要があります!用意してから「入らなかった」は悲しいですからね。

ダイソーの個包装菓子がおすすめ

ダイソーの個包装商がおすすめ
SHUFUFU

ダイソーで販売されている個包装商品がサイズがちょうどよく優秀でした!

  • クリスマス柄パッケージの笛ラムネ
  • チロルチョコ
  • キャラクターチョコ

その他、ミニハリボー・飴・ラムネなどもすっきり入りました!

袋部分が多少はみ出しても、中身のお菓子が大きすぎなければ問題ありません

お子さんと一緒に好きなお菓子を詰めていくのも楽しい
SHUFUFU

中身は開けてからのお楽しみにするのも良いですが、お子さんと一緒に好きなお菓子を詰めていくのも楽しいですよね!

お菓子詰めしていく際の注意点!

アドベントカレンダーは全部で25マスあるのですが、書かれている日付は24日までなので1マス多い計算に!
なので、双方に窓がないスペースが1つずつ作られています。

画像の×印がついている部分が窓がない部分
SHUFUFU

画像の×印がついている部分が窓がない部分です!
屋根付きのトイファクトリーは右下、ノエルは中央部分に窓がないので、そこにはお菓子や小物を入れないよう注意しましょう!

押すだけで簡単に中身を取り出せる

押すだけで簡単に中身を取り出せる
SHUFUFU

アドベントカレンダーの日付が書かれた表面には、ミシン目がついているので、開ける日の窓の中央部分に指先を押し当てるだけで、簡単に窓が開いて中が見えます!

1マスが小さいので、 取り出すのには少しコツ

そーっと袋を引っ張ると中のお菓子を取り出すことができました!1マスが小さいので、
取り出すのには少しコツがいります。

開けた枠の窓は外れる未開封枠は大丈夫

何日か開けていくと窓部分の装飾がとれてきてしまいました
SHUFUFU

何日か開けていくと、窓部分の装飾がとれてきてしまいました
しかし、仕切りがしっかりしているのでまだ開いていない所はビクともしていません!

みすぼらしい印象はない
SHUFUFU

窓部分の装飾がなくなっても、仕切りの色見のおかげか、みすぼらしい印象はないですね。

むしろ次にどの日を開けるかわかりやすいです!

使ってみて分かった注意点!

中に入れるアイテムはある程度の固さや弾力のあるものを選ぶと良い!

チョコレートやグミ・ラムネは取り出しやすかったです!
しかしチョコ饅頭を入れてみたところ、子どもが取り出す際に潰れてしまい、マシュマロにしておけば良かったと反省しました。

窓を開ける時、中身を取り出す時の力加減に要注意!

力を入れ過ぎてしまうと、隣の窓まで破れてしまう恐れがあるためです!
小さなお子さんと開ける場合は、「お家が壊れてしまわないように、優しく開けようね」など声をかけてから行うと良いでしょう。

ダイソーで壁つけタイプのアドベントカレンダーも

ダイソーで壁つけタイプのアドベントカレンダーも発見
SHUFUFU

壁につけるタイプの、ポケット付アドベントカレンダーもダイソーで売られていました。
こちらの価格は税込220円で販売されています!

ダイソーで壁つけタイプのアドベントカレンダーも発見
SHUFUFU

大きさは縦84cm、横60cmと記載されています!
素材はポリプロピレンと呼ばれるプラスチックの一種で、表面がツルツルしているのが特徴です。

ポケット状になっている
SHUFUFU

このようにポケット状になっているので、中にお菓子や小物を入れてカウントダウンを楽しめるようになっています。

まとめ

以上、DAISOのアドベントカレンダーをご紹介しました。
クリスマスの雰囲気を親子で味わえる手作りアドベントカレンダーが、110円で楽しめるのはコスパ抜群ですよね!

強いて言えば、もう少しサイズが大きかったら良かったなと思います。
中に入れるのに丁度良いお菓子を見つけるのが難しいのと、取り出す際に注意を払う必要があるからです。

しかし、中に全てミニサイズのお菓子や小物を収納しなくても、お菓子や小物の名前を書いたメモを折りたたんで入れておけば、サイズにとらわれる必要はなくなりますね!
一手間ではありますが、そんな工夫もお子さんは喜んでくれることでしょう。

DAISOには、他にも可愛いクリスマスアイテムが多数販売されています!
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
最後までご覧いただきありがとうございました。

元記事で読む
の記事をもっとみる