1. トップ
  2. ファッション
  3. 「ルイ・ヴィトン」がユニセフと提携、チャリティージュエリーを発売

「ルイ・ヴィトン」がユニセフと提携、チャリティージュエリーを発売

  • 2016.1.19
  • 28523 views
(c)Louis Vuitton

「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」は、ユニセフ(UNICEF、国際連合児童基金)とグローバル・パートナーシップを締結し、チャリティージュエリーを発売した。

今回特別に製作された「シルバー・ロックイット」のペンダントとブレスレットは、メゾンにとって象徴的な、持ち物を「保護」する錠前をモチーフとし、子どもたちを守り支援する約束の証としてぴったりなデザイン。世界各地の「ルイ・ヴィトン」ストア、ならびに公式サイトで販売し、1製品売上ごとに200ドルがユニセフに寄付される。

また発売に加え、世界の関心を高め、多くの参加を促すためのデジタルキャンペーン「#MAKEAPROMISE」もスタート。「ルイ・ヴィトン フォー ユニセフ」に寄付するか「シルバー・ロックイット」を購入し、約束の印であるピンキープロミス[指きり]の写真にハッシュタグをつけてSNSに投稿することで、誰でも参加できる。

メゾンは今後もユニセフを通じて、紛争や自然災害、伝染病などの危険にさらされた、今すぐ助けを必要としている子どもたちの支援を継続する予定だ。

■商品概要

・パンダンティフ シルバー・ロックイット

・ブラスレ シルバー・ロックイット

価格:各64,800円[税込]

■関連情報

・ルイ・ヴィトン フォー ユニセフ 公式HP:www.unicef.or.jp/louisvuitton2/

・#MAKEPROMISEキャンペーン 公式HP:www.louisvuitton.com/lvforunicef