顔色を悪くする意外な原因と対策

毎日顔色が悪いと朝からメイクも決まらず、

隠すようなメイクばかりで悲しい気持ちになってしまいます。

しかし顔色が悪いのが続くのには訳があります。

実は顔の色って内臓が冷えていることでも悪くなるのです。

手足の冷えだけでなく、内側の冷えもケアしてあげることで、

肌の色もツヤも手に入れられて、肌トラブルも改善します。

内臓が冷える原因と対策をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

内臓の冷えと顔色の悪さ

内臓が冷えると血液の循環が悪くなり、内臓が疲れます。

そして疲れが顔色にも出て来てしまいます。

顔の毛細血管の血流も悪くなって、顔色が悪く見えてしまうように……。

血液の循環が悪くなると、肩こり頭痛だけでなく、

シミやそばかすなどの肌トラブルも出てきてしまいます。

手足は温かいのに、ふとももやおなか、二の腕を触ると冷えている人は、

内臓が冷えている可能性があります。

 

内蔵の冷えの原因

・過度なダイエット

・運動不足

・冷たい物、甘い物が好き

・たんぱく質不足

・ストレス

心当たりはありますでしょうか?

寒い冬でもアイスや冷たいコーヒーを飲む人なんかは、内臓冷え症になりやすく、

運動なしのダイエットをしている人も内臓が冷えやすいです。

内臓の冷えの対策

ダイエットするなら運動を心がけ、

低カロリーでいて高たんぱくな鳥のささみや豆腐を食べるようにしましょう。

冷たいものが好きな人は、せめて氷抜きで少し時間を置いて常温に近づけてから飲むように。

砂糖が好きな人はせめて白い砂糖から黒砂糖へ変えるだけでも冷えを予防できます。

手っ取り早いのはおへその5センチ下の丹田というツボにカイロを貼る事ですが、

毎日貼っていると自分の体が体温を上げようとしなくなってしまうので、

あくまで応急処置として使って下さいね。

 

内臓の冷えが解消すると……

顔の色が良くなり、ツヤツヤの肌になります!

血色も良くなるのでチークなしでもいける位にほっぺがピンクになる人も。

唇の色も血色が悪いとくすんで見えますが、唇もまたピンクになりますよ。

代謝も上がって痩せやすくもなります。

 

寝不足で顔色が悪いのと違い、内臓の冷えからきている顔色の悪さは慢性化してしまいがち。

顔色の悪さが、いつもの自分の顔に定着してしまう前に『温活』を始めましょう!

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理