1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『サウスポー』妻子を失ったボクシングチャンプ、悲しみの果て再びリングに向かう感動の人間ドラマ

映画『サウスポー』妻子を失ったボクシングチャンプ、悲しみの果て再びリングに向かう感動の人間ドラマ

  • 2016.1.16
  • 771 views

映画『サウスポー』が、2016年6月に全国公開。『プリズナーズ』や『ナイトクローラー』で知られるジェイク・ギレンホールが主演を務める。ジェイクは本作のために半年の徹底したトレーニングと役作りをしたという。

怒りをエネルギーに相手を倒すチャンピオンボクサーのビリー・ホープは、その荒々しいプレースタイルが故に、最愛の妻と娘を失ってしまう。本作は、ボクシングへの情熱を失ってしまったビリーが、亡き妻と最愛のひとり娘のために自分を変え、再びリングへ上がる姿を描くヒューマンドラマだ。

妻・モーリーンには、本年度のアカデミー賞にもノミネートされ、今や全世界が注目する女優レイチェル・マクアダムス、ビリー再生の鍵となる男ティックにはアカデミー賞俳優のフォレスト・ウィテカーが抜擢された。

監督はデンゼル・ワシントンの怪演でオスカーをもたらした『トレーニング デイ』や、『イコライザー』など、激烈なアクションとほとばしる人間ドラマを鋭い感性で融合させる鬼才アントワーン・フークア。徹底的なリアリティにこだわり作り上げたどん底からの復活物語は、ヒップホップスター・エミネムの実体験に基づいているという。本作の主題歌には、そのエミネムが手掛けた「Phenomenal」が採用されている。

■ストーリー
リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ。怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の怒りは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず全てを失ってしまう。愛する娘からの愛までも…。そんなビリーは、アマチュアボクサーたちのトレーナーを務めるティックのもと訪れる。彼に教えを請い、自らの「怒り」を封印し、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く。

【作品情報】
『サウスポー』(原題:SOUTHPAW)
公開時期:2016年6月全国ロードショー
監督:アントワーン・フークア
キャスト:ジェイク・ギレンホール、フォレスト・ウィテカー、ナオミ・ハリス、カーティス・“50Cent”・ジャクソン、ウーナ・ローレンス、レイチェル・マクアダムス、スカイラン・ブルックス、ボー・ナップ、ヴィクター・オルティス、リタ・オラ、ミゲル・ゴメス
配給:ポニーキャニオン
© 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.