1. トップ
  2. ダイエット
  3. 痩せたいけど……。生理中はなぜダイエットをしてはいけないの?

痩せたいけど……。生理中はなぜダイエットをしてはいけないの?

  • 2016.1.16
  • 28706 views

生理前は体に脂肪を蓄えようとする期間なので、どうしても痩せにくくなってしまいますよね。その反動か、生理になるとついついダイエットに励んでしまいがちです。ですが、生理中は体にあまり負担をかけない方がいいと言われています。

そこで今回は、生理中にやってはいけないダイエット法などをご紹介していきます。

体重が増えやすいのは生理前~生理中

生理前と生理中は体重が増えやすいですよね。これは、生理中に黄体ホルモンの分泌が増えるため、脂肪や水分を溜め込みやすくなってしまうからなんです。黄体ホルモンとは女性ホルモンの一種で、妊娠しやすい体内環境を整えるためのもの。この黄体ホルモンのバランスが崩れてしまうと、イライラしたり、体が疲れやすくなります。生理中体に負担をかけてしまうとホルモンバランスが乱れてしまいますので、無理なダイエットは禁物……というわけなんです。

無理なダイエットって具体的にはどんなこと?

食事制限をしたり、ジムでのトレーニング、スポーツなどがあげられます。食事を制限してしまうと、精神的なストレスが溜まりますので体には悪影響です。そして、大量に汗をかくスポーツも、体への負担が大きいため控えるようにしましょう。

軽い運動ならOK!

過度なダイエットはNGですが、ウォーキングなどの軽い運動はOK。少し汗をかく程度なら、新陳代謝もアップし血液の流れがよくなります。血液の流れがよくなると生理痛の緩和にもつながりますので、まったく動かないよりは少し動いたほうが体が楽になる場合もあるんです。

ダイエットは生理後~2週間

ダイエットに励むなら、生理が終わってから2週間がベスト! 生理が終わると卵胞ホルモンの分泌が増加されます。この卵胞ホルモンも女性ホルモンの一種で、集中力がアップし痩せやすく、体の調子もよくなります。そして2週間経つと少しずつ生理に向けて黄体ホルモンの分泌がはじまります。なので、ダイエットをするなら生理後~2週間の間にするよう心がけましょう。

まとめ

一か月の間でダイエットできる期間はたったの2週間。ですが、生理の周期を理解しこの法則も頭に入れておけば、今までなかなか体重が減らず悩んでいた方でも、ダイエットを成功させる確率がグンとあがります。痩せやすい時期と痩せにくい時期、その理由を知ることで意識も変わりますので、体重も落ちやすくなりますよね。これからダイエットに励む方は、まず自分の生理周期を理解するところからはじめてみましょう!