1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ、亡き“スネイプ”を語る

『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ、亡き“スネイプ”を語る

  • 2016.1.16
  • 6500 views

『ハリー・ポッター』シリーズでスネイプを演じたアラン・リックマンが今月14日(木)にガンのため亡くなったことを受けて、元共演者のダニエル・ラドクリフが追悼のコメントを寄せている。英Digital Spyなどが報じた。

undefined

【関連記事】ダニエル・ラドクリフもひと肌脱いだ! 第85回アカデミー賞授賞式レポート<前編>

「アラン・リックマンは間違いなく、僕がこれまで一緒に共演してきた中で最高の俳優の一人だ。さらに、映画業界で出会った中で最も義理堅く支えになってくれる存在だった。彼には、『ハリー・ポッター』の撮影現場だけでなく、その後も何度も勇気を与えてもらった。僕がロンドン、ニューヨークでやった舞台はすべて見に来てくれたんだ。僕よりもずっと長く彼と付き合ってきた人たちは口を揃えてこう言うよ、『アランは友達に呼ばれたら、世界のどこにいようともどんなに忙しくとも、その人の元にすぐ駆けつけてくれる』ってね」と、アランの友達思いな面を語ったダニエル。

さらに、「俳優は演じている役を元にイメージされがちだから、厳格で時には怖いキャラクターを演じていたアランが実際にはすごく親切で気さくで楽しい人だと知ったら驚く人もいるだろうね。彼のあの滑舌が良くてすごく低い声で何か言われると、ただでさえ面白い内容がより笑えるものになるんだ」と続けている。

ダニエルはまた、彼から俳優としても人としても大きな影響を受けたことを認めている。「『ハリー・ポッター』の現場で、彼は最初から僕のことを、子役ではなく同等の俳優仲間と見なしてくれた。思春期のタイミングでアランと一緒に仕事ができたことはとても重要だったよ。彼が教えてくれたことを、これからの人生とキャリアの中でずっと生かしていきたい。俳優としても人としても素晴らしかった彼がいなくなって、撮影現場や舞台は色褪せたものになってしまうだろうね」

2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』で大ベストセラーの主役に抜擢されたダニエル。スネイプ役のアランとは、2011年の『ハリー・ポッターと死の秘方PART2』までの10年間、8作にわたって共演していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・ラドクリフ
(C)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net