1. トップ
  2. 恋愛
  3. やばい! 間に合わない! 約束の時間に遅れそうなときに有効なメール内容【後編】

やばい! 間に合わない! 約束の時間に遅れそうなときに有効なメール内容【後編】

  • 2014.9.12
  • 311 views

前回

に引き続き、今回も約束の時間に間に合わないときに活用できる表現方法を紹介していきましょう!

■1.あえて絵文字は使用しない

いつも彼に送っているような絵文字やスタンプをたくさん使った内容だと、彼から「なんだ、余裕あるじゃん」と思われてしまうかもしれません。少しでも早く待ち合わせ場所に行こうとしているのを伝えたいなら、「もうすぐ着くから」「ごめん」などの、シンプルな内容の方が良いと思います。

■2.「次は絶対遅刻しないから!」

「今度のデートは絶対遅れないから」と、次のデートの予定を伝えることで、彼の怒りも収まってくるはず。特にこの内容が有効なのは、まだ交際はしていない彼。次回デートが可能なこと、自分のことに好意を抱いてくれていることが分かり、イライラが喜びに変わってくるでしょう。

ただ、こう言ったからには、次のデートはなるべく早めに家を出て、彼よりも先に到着しておくことが大切。次回のデートも遅刻してしまうと、どんな理由があったとしても、あなたの信用は無くなってしまい、せっかくの関係が終了してしまう可能性があるでしょう。

時間に余裕を持った行動が、好感度アップの秘訣です。

■3.「昨日なかなか寝れなくて…」

「今日のデートが楽しみすぎて」「オシャレしたくて服選びで困ってて」など、彼に対する愛情を持っていることを言い訳とするのも1つの手です。また、お昼ご飯を挟む時間帯のデートなら、お弁当を理由にするのも良いかも知れません。

「実は内緒でお弁当作ってたんだけど…」と、手作り弁当の写メを送っておけば、それ以上怒りが積もることはありません。逆に「俺のために頑張ってくれたんだ」と感動し、あなたへの愛を再確認するきっかけになるはず。

彼の好きな物を作ったり、男性の好きな定番料理の唐揚げや卵焼きなどを入れておけば、きっと会ってからも彼の心はウキウキしているでしょう。

いかがでしたか? 長々と言い訳するよりも簡潔に、そして彼への愛情が伝わるような言い方をしたほうが、怒りの限度を最小限に抑えることができると思います。

せっかくのデートがケンカに発展しないためにも、デートを楽しみにしていたこと、彼への気持ちは確かだということを、メールで事前に伝えておきましょう。

やむを得ない理由で遅刻してしまうこともあるはず。そういうときにも有効なので、これらの表現方法を覚えておいてくださいね!

(RUREI)