1. トップ
  2. ファッション
  3. 『CSI:サイバー』途中加入したD・B・ラッセル役のテッド・ダンソンが降板!

『CSI:サイバー』途中加入したD・B・ラッセル役のテッド・ダンソンが降板!

  • 2016.1.13
  • 1468 views

大人気ドラマ『CSI:科学捜査班』の最新スピンオフ『CSI:サイバー』シーズン2に、本家『CSI』のシリーズ終了後からレギュラー加入していたD・B・ラッセル役のテッド・ダンソンが、たった1シーズンの出演で『CSI:サイバー』を降板することが決定した。

undefined

【関連コラム】【季刊連載】光浦靖子が海ドラを語る!! 光浦靖子の海外ドラマTALK&NAVI(『CSI:15 科学捜査班 ザ・ファイナル』編)

米TV Guideによると、本家『CSI』シーズン12からシリーズ最終回まで同役で出演していたテッドだが、もともと『CSI:サイバー』ヘの出演は1年契約だったとのことだ。『CSI:サイバー』降板後は、米NBCの新コメディ『Good Place(原題)』に出演することがすでに決定している。このコメディで、テッドは、自分探しの旅に出発する主人公エレノア(『ヴェロニカ・マーズ』のクリスティン・ベル)に助言するスピリチュアルなガイドを演じるとのことだ。

テッドは、1982年から1993年にかけて米NBCで11シーズン放送された大人気コメディ『チアーズ』にて、ドラマの舞台となるバー「チアーズ」のオーナー兼バーテンダー役で、俳優として大成功を収めたことで知られているが、この度、古巣に戻って再度コメディに挑戦するということになったようだ。

なお、テッドは『FARGO/ファーゴ』シーズン2にも保安官役で出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:テッド・ダンソン
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net