1. トップ
  2. 恋愛
  3. 本当に仲良しなカップルは、SNSで「2人の写真」を見せびらかせたりしない

本当に仲良しなカップルは、SNSで「2人の写真」を見せびらかせたりしない

  • 2016.1.13
  • 1107 views

ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、SNSでわざわざそれを公表したりはしないようです。ここでは、Facebookに焦点をあて、カップルのNG行動を3つに限定。心当たりある人は要注意。仲いいアピールが裏目に出ているかも!?

01. タイムラインを 自己満足の場にしない

例えば、雪の降る寒い日に二人でキスする写真なんて投稿してどうするのでしょう。彼が大好きでしかたないアピール。でも、いったい誰のため?

それよりもネットで話題の情報を共有したり、自分の趣味や興味ある情報、キャンディクラッシュ(オンラインゲーム)の攻略法を投稿するほうがよっぽど有益なはず。タイムラインをアピールの場とするのは、ただの自己満足でしかありません。

02. Facebook上での痴話げんかは 友だちを不快にさせる

最も良くないのは、Facebook上で論戦をはじめてしまうカップル。ケンカの延長なのか知りませんが、第三者に痴話げんかを公開するなんて、もってのほか。コメントで舌戦を演じるなんてやめましょう。

プライベートな話題がタイムラインに流れると、見ている人を不快な気分にさせます。そもそもプライバシーを露骨にさらけ出していいことありませんよね? オフラインで解決すべきことです。

03. 他人が羨む姿を演じるだけ? タイムラインに現実味なし

いつでも話題は彼氏や彼女の投稿ばかり。そんなやり過ぎ投稿も友だちを不快にさせます。Facebookのプロフィール写真といえば「自分の顔がわかる」ものが基本原則。にも関わらず、やり過ぎカップルにかぎって二人の写真を使いたがるのです。

“Sweetness”の愛称で知られる、元アメフト選手ウォルター・ペイトン氏の以下の言葉は、ここで説いている絆の深いカップルに共通する概念と、Facebookの使い方に当てはまる部分がありますよ。

「自分が、他人よりも少し秀でている時には、全力でそれをみんなに伝えようとする。けれども、自分がずば抜けて他人よりも秀でた時には、周りの人がそれを自分に知らせてくれるものだ」

パートナーとの関係がどれだけ良好で、他人に自慢できるようなものであったとしても、Facebookはそれを伝えるのに相応しい場所ではありません。もちろん、逆に関係が上手くいってなかったとしても同じこと。
オンラインで自慢する暇があるならば、一緒に過ごす時間を1秒でも長く大切にする方が、よっぽどお互いの絆が深まるはずです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective