1. トップ
  2. ファッション
  3. 『ブレイキング・バッド』アーロン・ポール、スピンオフ出演に乗り気

『ブレイキング・バッド』アーロン・ポール、スピンオフ出演に乗り気

  • 2016.1.13
  • 23485 views

『ブレイキングのバッド』のジェシー役で知られるアーロン・ポールが、同作のスピンオフである『ベター・コール・ソウル』へのカメオ出演に乗り気であることが分かった。米Varietyが報じている。

undefined

【関連コラム】空前のスピンオフ・ブームに沸く全米、そのメリットとデメリットとは?

新作ドラマ『The Path(原題)』のプロモーションのため、TV批評家協会のプレスツアーに出席したアーロンは、「いつか出演できたらいいね。それがいつになるかは分からないけど、参加することには大賛成だよ」と語った。

ウォルター・ホワイトの"犯罪弁護士"ソウル・グッドマンの誕生秘話を描く『ベター・コール・ソウル』は、『ブレイキング・バッド』より6年前の設定だが、当時まだ中学生か高校生の少年であるはずのジェシーが登場する場合、単なる顔見せといった扱いにはならないようだ。アーロンは「実際に出ることになったら、最も理想的な形で再登場すると約束するよ。ジェシー・ピンクマンを呼び戻す以上、彼のシーンは『ブレイキング・バッド』とつながるような内容にして、ファンの期待に沿うものにするつもりだ」と続けている。

再登場については、『ベター・コール・ソウル』の放送前から、製作総指揮のヴィンス・ギリガンと話し合っていたそう。「ヴィンスから出演する意思があるかを聞かれた時には、『もちろん』と答えたよ。『ヴィンスが関わっているなら、わざわざ台本とかを送ってくれなくていい。すぐに参加する。今の僕があるのはあなたのおかげだから』ってね。彼が僕を起用してくれた。ヴィンスの頼みなら何だってやるよ」と、恩返しする気満々なアーロン。

そんな恩返しは、アメリカで来月から放送開始となるシーズン2で早速実現するのかもしれない。出演時期は新シーズンなのかと聞かれたアーロンは「そうかもね」とニコリ。「シーズン2について言えることは、ビックリするような展開があるってこと。だからぜひ見てほしいね」と明言を避けた。シーズン2が驚きの展開になることは間違いないようだ。ソウル役のボブ・オデンカークも「ファンが歓喜する展開が待っているよ」と、アーロンに同調している。

ソウル役のボブ以外にも、マイク役のジョナサン・バンクスやトゥコ役のレイモンド・クルツが再登場しており、さらに設定や小道具にも『ブレイキング・バッド』の要素が盛り込まれている『ベター・コール・ソウル』。ジェシーが登場するかもしれないシーズン2は、米AMCで2月15日(月)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:アーロン・ポール
(C)Kazuki Hirata /www.HollywoodNewsWire.net