夏帆、嫉妬!?中島裕翔と菅田将暉は「デキてるんじゃないか」【インタビュー後編】

加藤シゲアキ(NEWS)氏の同名小説を映画化した『ピンクとグレー』(1月9日より全国公開中)。本作でヒロインのサリー役を演じた夏帆さんにWoman Insightではインタビューを行い、前編では役作りや幼馴染についてお送りしましたが、後編ではサリーの幼馴染を演じた中島裕翔(Hey! Say!JUMP)さん、菅田将暉さんとの撮影の様子や、夏帆さんのプライベートに迫ります。

Woman Insight編集部(以下、WI) 同世代の役者さんが多かったと思います。現場の雰囲気はいかがでしたか?

夏帆さん(以下、夏帆) タイトなスケジュールで大変でしたが、中島君と菅田君の2人がエネルギッシュで、それにつられてみんなが熱くなっていった印象があります。勢いのある現場でした。仲も良くて、中島君と菅田君と3人でいるときは青春時代に戻ったみたいで、とても楽しかったです。

 

 WI (笑)休憩中も男同士の友情は続いていたんですね。

夏帆 実際に、中島君と菅田君が本当に仲が良くて。この2人できてるんじゃないかと思うぐらい(笑)。男同士の友情って憧れがあるんですよね。女の私が立ち入れない瞬間がちょこちょこあって、嫉妬しました(笑)。

WI では、本作は芸能界を舞台にしていますが、演じてみて苦労したところはありましたか?

夏帆 苦労したことはないです。今回はリアルな芸能界の世界というよりも、少し誇張して描いているので、別のものとして演じていました。自分が知っている世界なので共感もしやすいですし、身近には感じられましたけれど、芸能界って映画(本作)と同じ世界ではないと私は思っています(笑)。

 

WI 観た人は“芸能界は怖い”と思っちゃいますよね。

夏帆 とはいえ、厳しい世界だと思います。自分をしっかり持っていないといけないなと、常々思っています。

 

WI 『海街Diary』では、カンヌに。『ピンクとグレー』は東京国際映画祭や釜山国際映画祭にて上映されました。女優として海外を意識されましたか?

夏帆 言葉は違えど、伝わるものがあるんだなと、映画がもっともっと好きになりました。これからも、真摯に作品と向き合っていけば、きっと世界が広がっていくのではないかと。夢は大きく、自分の可能性を試していきたいです。

WI では、ここからプライベートな質問になります。誰でも“誰かを羨やむ”ことがあると思いますが、夏帆さんは?

夏帆 周りと自分を比べて劣等感に苦しんでいた時期がありました。それが仕事へのモチベーションにつながることもあると思うのですが、今は人に向けるエネルギーよりも、自分自身を見つめることを大事にしたいと思っています。

 

WI 誕生日にお部屋を装飾するシーンがありますが、プライベートでの経験は?

夏帆 ないです(笑)。りばちゃんの帰りを待ちながら飾り付けをするシーンはサリーのかわいらしさが出ているシーンだと思います。自分は、すごく照れくさくて苦手。憧れはあるのですが……(笑)。

(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

WI では、プレゼントを選ぶときは?

夏帆 私、誕生日とか記念日系で改まってプレゼントするのがすごい苦手で、なんだか照れくさいんです(笑)。それよりも街を歩いていて“似合そうだな”と思ったものをプレゼントしたいです。

 

WI じゃ、役とは正反対ですね。

夏帆 そうです。あんなサリーみたいに可愛くないです私は(笑)。

 

WI 劇中の制服姿。とっても似合っていると思いましたが、本人的にはいかがでしたか?

夏帆 気持ちだけでも高校生に戻ろうと、必死に学生時代のことを思い出してました(笑)。“もう限界かな”って思っていたんですが、皆さんが見苦しくなく、周りが止めるまでは着たいです(笑)。

 

WI 私服はどんな感じですか?

夏帆 基本的にオーバーサイズの服が好きです。シンプルだけど、どこか癖のあるデザインが好きです。

 

WI ヘアースタイルは? 個人的に今日のショートヘアーがとっても似合ってると思いますが。

夏帆 ありがとうございます。今までショートにしたことがなかったので、一度試してみたかったんです。ショートの方が自分の性格に合っていて好きなんですが、役が限られちゃうので、これからは伸ばしていこうかなと考えているところです。

 

WI では、そろそろ終了の時間になりますが、今年はどんな年にしたいですか?

夏帆 今年は、またひとつひとつ丁寧に仕事に向き合っていきたいと思うので、今年も今までと違う役柄だったり、素敵な作品に出会えたらいいなと思っています。

 

WI 最後にメッセージをお願いします。

夏帆 観終わった後に、いろんな人と語りたくなるような、映画的仕掛け満載の映画になっていると思います。こればっかりは観てもらわないと伝わらないと思いますので、ぜひ映画館で、世界が変わる仕掛けに驚いてください!

昨年は、映画やドラマ以外のほかに舞台にも出演されましたが、「舞台も楽しい。でも映画が一番好き」と語る夏帆さんが今年、どんな姿を見せてくれるか楽しみですね。(平山正子)

公式サイト:http://pinktogray.com

出演:中島裕翔 菅田将暉 夏帆 岸井ゆきの 宮崎美子/柳楽優弥

監督:行定勲 脚本:蓬莱竜太・行定勲

原作:加藤シゲアキ「ピンクとグレー」(角川文庫) 音楽:半野喜弘

製作:「ピンクとグレー」製作委員会

配給:アスミック・エース

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理