1. トップ
  2. お仕事
  3. 【早く帰る研究会】絶対定時で帰ります!鮮やかに定時で帰る方法

【早く帰る研究会】絶対定時で帰ります!鮮やかに定時で帰る方法

  • 2016.1.12
  • 222 views

Why!? ジャパニーズピーポー!!

一般的に、日本人は時間にきっちりしている……と言われていますが、その一方で、あまりにルーズすぎる、とも言われていますね。

なぜならば

「始まりの時間には異様に厳しいのに、終わりの時間には異様にゆるい」

から。

思い当たる節、ありませんか? たった5分の遅刻は怒られるのに、2時間のサービス残業はアリだなんて意味不明な時間感覚。

もちろん職場にもよると思いますが「定時で帰れる」ことが「当然」ではない人がこの世にたくさんいるのです。

Q.あなたの職場の残業事情に近いのは?

まず定時で帰れることはない 37%

たまに定時で帰れる 31%

だいたい定時で帰れる 13%

ほぼor絶対定時で帰れる 19%

このアンケートから見ると、だいたい7割くらいの人が「残業することのほうが多い」のが現実。

しかし、たまには(むしろ毎日?)定時で帰りたい日もありますよね。

だって、仕事が楽しいに越したことはありませんけども、仕事だけが人生じゃありませんもの。

というわけで、「普段あまり定時で帰れない人たちが、絶対に定時で帰りたいときにしていること」をWoman Insight編集部が独自に調査しました。さぁ、定時で帰りたいときは……こんな手に出ましょう!

【あまりor絶対に定時で帰れない組が使っているワザ】

◆何より根回しが大事です

「1週間前から根回しをしておく」
「正直に定時で帰りたいことを告げ、次の日は朝早く来て仕事をする」

 

◆当日はこんな感じで

「今日は帰りますということをことあるごとに言う」
「とても重要な用事がありそうな表情を保つ」
「その日までの仕事を早めに終わらせて何かあってもすぐに対処できるようにする」

 

◆そしていざ定時の瞬間は…サラリと

「わりと小さい声で“お先で~す”とつぶやいて帰る」
「今日病院予約しちゃって!と急ぎめで帰る」
「理由を言って堂々と帰ります。……理由は嘘のときもあります」

 

◆最も帰りづらいサービス業で定時上がり&土日休みが欲しいときはこうする

「とにかく早めに予定があることを伝えます! さらに当日にもう1度『この間お話した件で早めに帰ります』と伝えるとスムーズに行けます。さらに、大事な予定が土日にあるときは、同窓会の幹事で、という形にするとだいたい許してもらえます(ウソのときもありますが、実際同窓会の幹事もしています!)」

 

皆さんあの手この手で鮮やかに帰っているようです。

そもそも「定時で帰れるのが普通」でなければいけないのに、「定時で帰るためにはこんなに工夫をしなくちゃいけない」っていうのもおかしい話だと思うんですけどね!!! 不思議です。

さて、次回の「早く帰る研究会」は「正直気乗りしない、上司からの飲みの誘いを断る方法」です。お楽しみに……。(後藤香織)