全米No1にも選ばれたアツアツとろ〜りのチーズフォンデュ

ニューヨークにあるチーズ料理専門のフレンチ料理店「アーティサナル・フロマジュリー・ビストロ」。このお店のチーズフォンデュは、「2012年ベストフォンデュ」としてCBS(アメリカのテレビ局)で紹介されたこともある人気メニューです。

100席以上そろう広い店内

ニューヨークはマンハッタンの32丁目。この辺はビジネスマンと観光客でにぎわうエリアです。地下鉄6番線の33ストリート駅を降りてほんの1ブロック少しのところに、ランチやディナータイムになると満席になるほどの人気店「アーティサナル・フロマジュリー・ビストロ」があります。

製造所という名のチーズ専門レストラン

店名の意味は「職人によるチーズ製造所・ビストロ」。この名から容易に想像できるように、店の強みはとにかくチーズ。チーズスペシャリストでこの道21年のマックス・マッカルマンさんが常駐し、店内にはチーズコーナーやチーズ専用冷蔵庫なども完備しています。

チーズは8割がヨーロッパ産

「当店のチーズの80%はフランス、イタリア、スイスなどヨーロッパ産のものです。残り20%はニューヨーク州のアップステートや近郊のバーモント州、そしてカリフォルニア州などアメリカ国内産なんですよ」とマットさん。

チーズ専門家が最適なアドバイスをしてくれる

チーズはスペイン産やイギリス産、ニューヨーク産などこの時期は約180種類もあり、一体どれをオーダーすべきか迷ってしまいそうです。そういう場合は気軽にマックスさんに相談してみましょう。1人ひとりのその日の気分や好みに応じたチーズや相性の良いドリンクを選んでくれますよ。

いよいよチーズフォンデュの登場!

ここに来たからには、同店の看板メニュー「チーズフォンデュ」をぜひオーダーして!

今回はちょっと珍しいトリュフフォンデュ(小48ドル)とカントリーブレッドの組み合わせを試してみました。トッピングはカリフラワーやアスパラなどの生野菜(8ドル50 セント)に、ナシやリンゴ(各4ドル50 セント)などの変わり種をセレクト。

「ディップする際は、温度を一定に保つため8の字を描くように混ぜながらチーズを絡ませて」というマックスさんのアドバイスのもと、まずはパンから。

トリュフとほのかな白ワインの香りが、口の中にフワッと広がり、そして優しくとろけていきます。

続いてキールバーサソーセージと生野菜…。チーズが絡み合い絶妙です。ナシやリンゴはチーズに絡ませても甘酸っぱい酸味が残り、お口直しにピッタリです。

この時期ニューヨークを訪れた方は、ぜひこの絶品フォンデュを食べて体をポカポカ温めてください。

元記事を読む
提供元: ことりっぷの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理