1. トップ
  2. ファッション
  3. 【SNAP総集編 10】冬コーデをもっと楽しく! ポイントで魅せるファー小物使いをマスター。

【SNAP総集編 10】冬コーデをもっと楽しく! ポイントで魅せるファー小物使いをマスター。

  • 2016.1.10
  • 950 views

【さらに写真を見る】【SNAP総集編 10】冬コーデをもっと楽しく! ポイントで魅せるファー小物使いをマスター。

ダーク&単調になりがちな冬のスタイルに一点投入するだけで、おしゃれ度ををUPしてくれるファー小物。今季は、ワンポイントだけでは満足できず(?)、数点取り入れるファー愛好者も多数目撃! 自由自在なファーの取り入れ方をマスターして、寒い冬コーデを数倍楽しもう。

寒さを吹き飛ばす、スポーティなカラーファー。

まるでピンクのしっぽ(?)が生えたようなプラダ(PRADA)のファーストールは、顔まわりに巻くだけで主役級の存在感! ブラックコーデでシックにまとめて、カラーパレットを最大限に引き立てて。軽やかなスタジャンとスポーティなスニーカーでストリートモードが完成。

フェンディのミニバッグをトリプル持ち!

ファー小物といえば、主役級のキュートさが魅力のフェンディ(FENDI)の「バッグ バグズ」。ブルーのマイクロミニバッグに、同じくフェンディのボア素材をダブル掛け。これだけでも十分だけど、スナップ女王のブロガー、キアラ・フェラー二は、さらにボリューミィなファーでとことんリュクスに。自身のイニシャル「C」をアピールした遊び心も◎。

シュールなファークラッチで遊ぶ、柄×柄スタイル。

お目立ち度が高い柄×柄コーデをさらに引き立てる、シュールなファークラッチバッグを発見! こんなにもインパクト大なコーディネイトでもしっくりまとまっている理由は、全身のカラーに統一感を持たせているから。バッグのブルーに合わせて、足もとを同じくブルーのベロアブーツをチョイスした技も、おしゃれを知っているからこそ。

お目立ち度NO.1! ファー x フリンジの究極ボリューミィスタイル。

ストリートで一際目立っていたこちらのカラーコーデ。カラフルなフリンジトップには、引けを取らないファーサンダルで足もとにもボリュームを。トランスペアレントなスカートでギャップを狙ったテクにも拍手!

カラーファーはちょい乗せするのが、今の気分。

あるのとないのとでは全然違う! その好例がこちら。気負いなく合わせた“ちょいファー”が、マンネリになりがちなカジュアルスタイルにパンチを効かせています。ブルーのファーは、大げさになりすぎずストリートにマッチすることも判明。

マルチカラーファーは今季おさえたいキーワード。

レッド×イエローの巧みなカラー使いが楽しげな表情を見せるマルニ(MARNI)のファークラッチ。シックなブラックコートに映えて、たちまち華やかさがプラス。モノトーンのアウターで地味コーデに陥ってしまう人はぜひトライして。

旬のボアバッグはバッジで遊ぶのが我流!

カジュアルなバックパックでも、ボアの温もりとクールなブラックレザーでたちまちモードなアイテムへ昇華。ロックスタイルが大好きなモデルのラングリー・フォックス・ヘミングウェイは、ITバッグにバッジを散りばめ、彼女らしい遊び心をオン!

フェンディのキャラクター"バッグ バグズ"が増殖中!

またまたフェンディ(FENDI)の「バッグ バグズ」を発見!  ドレス&マイクロミニバッグのダブル使いを楽しむ彼女は、全身をホワイトで統一してフェミニンに仕上げた。

意外と合う!? ピュアなピンクファー×メタリックコート。

シルバーのコート&グリーンのバッグというメタリック素材に、ガーリィなベビーピンクのファーを合わせた彼女。一見難しそうなハイレベルの異素材ミックスだけれど、ピュアで優しい印象のピンクファーが全身が上手くまとめていてお見事!

ブラックのファー小物で計算されたバランス。

ファーアイテムを2個以上取り入れるのが、ファッショニスタの新常識。グリーンヘアの個性的な彼女は、ビッグサイズのブラックバッグをチョイスした。毛足が長いファーは、全身のバランスを取るには大正解。ファーを飾ったモノトーンシューズもアイキャッチー!

参照元:VOGUE JAPAN