1. トップ
  2. ファッション
  3. ハイダー アッカーマン 2016年春夏コレクション - 個性と個性のぶつかり合いが生む温かさ

ハイダー アッカーマン 2016年春夏コレクション - 個性と個性のぶつかり合いが生む温かさ

  • 2016.1.10
  • 2611 views

ハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)の2016年春夏コレクションは、ギャングやパンクからインスピレーションを得ている。

ランウェイを彩るのは、ブラックレザーのタイトパンツやショート丈ベストなど、強さを感じさせるアイテム。ただ、ハードなアイテムを掛け合わせるのではなく、異なるテイストを差し込んで、ファッションを楽しんでいる。

パンツの下には、レースのレギンスを忍ばせ、ウエストや足首のラインからちらりとのぞかせて。フリルのシフォンブラウスやシースルー素材のインナーとマッチさせて、柔らかさを加えたルックもある。インナーは省いた、ベストオンガウンの着こなしは、パンクスピリットから生まれたのだろうか。レザーとサテンの対比も面白い。

また、大胆な色遊びもキー。イエローとグリーンをミックスさせたようなものや、グリーンにホワイトを交えたミルキーなものなど、カテゴライズが難しい鮮やかな色が登場する。柄の取り入れ方もポイントで、中には、大振りな幾何学模様に、小さなドット柄を合わせたユニークなコーディネートもあった。

一つ一つのルックが色濃く、強烈な個性を放っているがどこか統一感がある。“一種の狂気”すらをも感じさせる、洋服を楽しむ心が導き出したのは、集団のような温かさ。今季、ギャングとパンクと並んで、“ファミリー”がキーワードに挙がっていたのは、ここに結びついているのかもしれない。