1. トップ
  2. スキンケア
  3. ウィンタースポーツから肌を守れ!

ウィンタースポーツから肌を守れ!

  • 2016.1.9
  • 2398 views

「冬はスノボ! 」

定番のウィンタースポーツですが、雪山は寒いだけじゃなく、

乾燥、紫外線が容赦なくビシバシ襲ってきます。

滑った後は髪も顔もガビガビになって、元に戻るのに時間がかかりますよね。

それは空気の乾燥と雪で反射された紫外線のせい。

徹底的に予防して、うるるん肌でウィンタースポーツを楽しみましょう!

紫外線をカット

冬だからと日焼け止めを塗らないまま雪山に行くのはNG。

白い雪に反射され、色んな角度から紫外線はあなたを襲ってきます。

そのすごさは夏の倍以上といわれていますから、当然日焼け止めはしっかり塗っておくように。

真夏と同じSPF50位を目安にすると丁度よいでしょう。

朝に一度、昼からもう一度塗るなど、小まめに塗りなおして紫外線に対応することも忘れずに!

 

乾燥から守る

空気が乾燥している上に、汗をかいてその汗が乾く時にさらに肌が乾燥してしまいます。

表面の水分だけではなく肌の内側の水分までも一緒に蒸発してしまうので、

スノボ帰りにはしばらく肌の乾燥に悩まされている人が多いのもその為。

朝から徹底保湿を心がけて、帰った後には保湿たっぷりのパックをして、

肌を休めるようにしてください。

日焼け止めも出来るなら保湿効果が高いものを選ぶようにしてくださいね。

できるだけ顔を出さない

ネックウォーマーや帽子で、顔ができるだけ出ないようにして滑ることが、

一番肌に負担をかけません。

また髪も帽子に入れてしまうことで、髪がバリバリに固まったりしてしまう事を防げます。

一度髪が干草のように水分を失ってしまうと完璧な再生は不可能に近く、

酷い場合は切るしかなくなってしまいます。

髪もまた保湿効果の高いアウトバストリートメントを多めにつけておきましょう。

顔や髪を隠して滑っても面白くないかも知れませんが、

雪山の紫外線が原因で何年後かに一気にシワやシミができるのとどちらがいいでしょうか?

自分の肌を守れるのは自分だけですよ!