1. トップ
  2. ファッション
  3. リフレクソロジストが伝授!クサ〜い足のニオイ対策4つ

リフレクソロジストが伝授!クサ〜い足のニオイ対策4つ

  • 2016.1.8
  • 3026 views

寒くなり、ブーツを履く機会が増えたのではないでしょうか。しかし、宴会のお座敷や訪問先で靴を脱ぐときに、ニオわない自信はありますか? 老若男女問わず、足のニオイは平等にあるんです。そこで今回は「リフレクソロジスト」でもある筆者が、女性の足のニオイ対策についてご紹介したいと思います。

■足のニオイの原因

足のニオイは、足の裏に汗をかいて雑菌が繁殖することが原因です。足の裏には「エクリン腺」とよばれる汗腺が多く、靴や靴下で密閉され、雑菌の繁殖に適した温度と湿度で微生物が増え、足の裏の垢などをエサに活性化します。そのため、酸っぱい臭いのする「酢酸」や、チーズや納豆のような「イソ吉草酸」などの悪臭が発生してしまいます。

また、疲れが溜まることによる疲労臭も原因のひとつ。疲労により肝臓の働きが弱まると、体内でアンモニアを分解する能力が低下してしまい、全身の毛穴から出る汗や皮脂に、分解されなかったアンモニアが含まれることで、疲労臭となります。

■女性がしておきたい足のニオイ対策

もしかして私、足の裏クサイかも…なんて心配しないためにも、足のニオイ対策をしておきましょう。

(1)角質除去

足の裏の角質は、見た目という点でも綺麗にしておきたいところですが、微生物のエサにさせないという理由からも除去するべきです。夏に比べて素足を見せる機会が少ない冬はついつい保湿のみで済ませてしまいがちですが、ブーツなどで蒸れやすい靴を履く冬は、ニオイ対策のためにもお手入れはしておきましょう。

(2)爪の垢の除去

足の爪は手に比べて伸びるのも遅く、ペディキュアをしていると、爪の間の垢を見落としがちです。しかし、足の爪の垢はとてもニオイやすく、定期的に短く切るか、ある程度の長さがあるようならウッドスティックなどで垢を取るなどしておきましょう。

(3)靴は乾燥させる

毎日同じ靴を履くと、靴の中が汗で湿った状態が乾ききらず、靴の中で微生物が繁殖してしまいます。ひどい場合はカビが生えることも!

対策は、靴を毎日乾かすこと。履いた靴はすぐに靴箱にしまわずに通気性のよいところで乾くように心がけ、除湿剤を入れましょう。除湿剤代わりに新聞紙を丸めたものを入れても効果があります。

(4)規則正しい生活

基本的なことですが、疲れが蓄積されると体からは疲労臭が発生します。足の裏だけでなく体臭予防のためにも食事・睡眠は大切です。忙しい年末年始を元気に乗り切るためにも見直しましょう。

外見は綺麗なのに、足がクサイなんて台無し。靴を脱いでもにおわないよう、冬も事前にケアをしておきましょう。

(坂本雅代)