1. トップ
  2. スキンケア
  3. SFスリラー小説「巨獣めざめる」のドラマ版、シーズン2製作決定

SFスリラー小説「巨獣めざめる」のドラマ版、シーズン2製作決定

  • 2016.1.7
  • 638 views

アメリカでベストセラーとなった宇宙SF小説「巨獣めざめる」を米Syfyが映像化したTVシリーズ『The Expanse(原題)』。そのシーズン2の製作が決まったことを、米Hollywood Reporterなどが報じた。

undefined

【関連コラム】宇宙SFドラマに再び春が訪れるのはいつのこと?

『The Expanse』は、月や火星、小惑星帯に人類が進出した200年後の未来で繰り広げられる本格宇宙SFスリラードラマ。行方不明となった若い女性の捜索を通して、経験豊かな捜査官と、母船を失いはぐれ者となったキャプテンが太陽系宇宙を駆けめぐり、史上最大の陰謀を暴く現代風のスペースオペラだ。出演は、トーマス・ジェーン(『パニッシャー』『ミスト』)、スティーヴン・ストレイト(『マジックシティ 黒い楽園』)、ショーレ・アグダシュルー(『ラスト・ナイツ』『24 -TWENTY FOUR-』)ほか。

原作者はジェイムズ・S・A・コーリイ(ダニエル・エイブラハムとタイ・フランクの共作用ペンネーム)で、アメリカでは現在までに五巻が刊行されている。第一巻「巨獣めざめる」は日本でも早川書房から刊行されており、SFファンの評価は高い。

昨年11月には、TV放送に先んじて、第1話の配信ならびにビデオ・オンデマンドが行われ、450万人の視聴者数を獲得。1~3話の本放送+3日間の視聴者数は160万人を記録している。批評家筋の評価も上々だ。

Syfy社長デイヴ・ハウは、「『The Expanse』はクリエイティブなエンジンを全開させています。視聴者や批評家の間で熱心なファン層を築き、Syfyが約束した、知的で挑発的なSFエンターテイメントを実現しています。シーズン2の展開が待ちきれません」と述べている。

シーズン2は、前シーズンの10話より話数を増やして13話構成となり、2017年初頭に米Syfyにて放送予定。日本への上陸にも期待したいところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:主役の一人ジョー・ミラー役 トーマス・ジェーン
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net