お財布のヒモはにぎってる?~弁護士からみた夫婦の家計事情~

あなたのお家の家計管理はどんな感じですか? 「男は黙って給料日に給料袋を渡すものだよ」なんて、お母さんの世代には言われていたようですが……。いや、そもそも振込だし……というツッコミはおいておいて、時代の流れとともに夫婦の家計管理事情もさまざまなバリエーションが出てきたようです。

旧来型

「旦那さんのお給料の管理は全部、私がしています!」「旦那さんにはお小遣い●万円」という、お母さんの世代に多かったタイプ。最近は少し減ってきているような気がするのですが、あなたのお家はいかがでしょうか? 家計を預かる身としては、節約と貯金が期待されています。一方で、生活していくにはなにかとこまごまとしたものが必要なもの。きっちりと家計簿をつけていくことを強くオススメします!

夫婦仲良くしていくには、「家計簿はこんな感じだよ」「ここにはどうしてもこれくらいかかっちゃうんだよ」と、家計をつねにクリアにしておくのが大切と感じます。夫婦でモメてしまったときに、家計簿を付けていないと「使い込んだ」「浪費した」「へそくりを隠している」など、男性側は大きな不信感を持つことが多いようです。

実際のケースの一部では、奥さんの家計管理に本当に問題があることもあって、自宅を手放して旦那さんに破産手続きをしていただかなければならなくなることも。

イマドキ型

「旦那さんから今月のぶんって言われて、●●万円渡されています!」「足りなければ、足りないって言って生活費を追加してもらうけど、旦那さんのお給料がいくらもらっているか知らない」という、若い奥さんに多いタイプ。この場合、渡してもらっている生活費の中から、貯金をすることまで求められているのか、あるいは旦那さんが貯金をしてくれているのかなどを、きちんと確認をしておいたほうがいいと感じます。旦那さんの給与口座から自動で引き落として積み立てられる預金などもおすすめ。

手元に残した部分は全部、旦那さんが自分のお小遣いとして使っていた! というケースもありますので、ご注意を!! 旦那さんが渡してくれる生活費が足りなくて、パートに出なければならなくなったという切実な話もあります。

分担型

「私は毎月●●万円、旦那さんは毎月●●万円を家計に入れています!」という、共働き世代に多いタイプ。経済的にはかなり独立した状態なので、おたがい自分で貯金をしていくというスタンスで、おたがいの給与を知らないことが多いようです。自分で稼いだものは、自分のもの! とおたがい割り切れるメリットもありますが、家事や出産・育児で女性の方に負担が大きいと、男性にあまりにも都合が良くなってしまうこともあるので、家族のライフイベントごとに、見直しをすることが大切なようです。

「同居を始めたときに、なんとなく今の家計管理のスタイルになって……あまり考えていなかった……」というあなた! 一度旦那さんと幸せな結婚ライフのために話し合いをしてみてはいかがですか?

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理