彼にひどく幻滅してしまった……そんなとき必要な4つのアクション

どんなに仲の良いカップルでも、ちょっとしたことがきっかけで大げんかに発展することも……。大好きなのに気持ちが空回りしたり、うまく自分の気持ちを伝えられずひどく幻滅することもあります。そうなると、“もう私たちダメなのかも……”なんて結論になりかねません。

でもそんなに焦って大事な決断をしないで! カップルだからこそ相手に対する不信感や不満が大きくなり、がっかりすることもありますが、それはどんな相手とだって起こりうることです。もし今の彼との関係を壊したくないならちょっと冷静になって、仲直りのための方法を考えてみましょう。そこで大好きなはずの彼に対しおおいに幻滅してしまったとき何をすべきか、必要なアクションをまとめてみました。

自分の気持ちをしっかり表現する

幻滅するきっかけは、はたから見れば驚くほどささいなことだったりします。でも恋人としてはどうしても我慢できない……。まずはそんなイライラやフラストレーションを自分の内側にためこまず、きちんと吐き出してしまうのです。とはいえ、本人に直接ぶちまける必要はありません。日記に自分の気持ちを正直に書きだしたり、友人あるいはプロのカウンセラーに徹底的に話をきいてもらうだけでも、冷静さをとり戻すきっかけになります。

彼との会話に“15分ルール”を採用してみる

もし彼とうまくコミュニケーションがとれていなくて、不満やストレスがたまり幻滅感につながっているとしたら、コミュニケーション方法を見直してみましょう。どちらかが一方的にならないように、“15分ルール”を採用するのです。

“15分ルール”って?

“15分ルール”とは――

・ 最初の5分は自分がしゃべり、彼は話をさえぎらないできく

・ 次の5分は彼がしゃべり、自分は彼の話をさえぎらないできく

・ 最後の5分は、ふたりで会話をする

というもの。機械的なようですが、なにもルールがないとどちらかが一方的に話すだけだったり、相手の話をきちんときかないということになりがち。それがますますコミュニケーション不足を招き、相手への失望も大きくなる原因です。ふたりの関係を立ち直らせるには、こんな方法も必要かもしれません。

“言いにくいこと”こそ、きちんと相手に伝えよう

どんなに彼と長く話していても、かんじんなことをちゃんと話していなければ時間のムダです。彼のどんなことに対して幻滅しているのか、どんなふうに変わってほしいのか、本人に対してなかなか“言いにくい”と感じることこそ、相手にきちんと伝える努力を惜しまないで!

気まずいかもしれませんが長い目で見れば、そんな“本音トーク”こそがふたりの関係を強めてくれるのです。もちろんそんな会話をするときは、相手に対する“リスペクト”を忘れないことも大切。たとえ意見が違っても、相手を否定せず、彼の言いぶんや心理状態をちゃんと尊重しましょう。

自分だけの時間をより充実させてみる

本当は大好きな彼なのに幻滅したりうんざりしたりしてしまうのは、じつは彼というよりあなた自身に問題があるのかもしれません。恋愛に過剰な期待を抱いていたり、彼は自分の思うように動いて当然と思ったりしていませんか? そんなふうになにかとネガティブに彼を見てしまう前に、まずは自分だけの時間をもっと充実させてみましょう。

女友だちとよく会っておしゃべりしたり、なにか趣味に打ち込んだり、旅に出てみたり……。自分時間が充実すると気持ちもより前向きとなり、彼に対してももっと優しく、大らかな気持ちで接することができるようになるはずです。ストレス解消も兼ねて、スポーツやエクササイズで汗を思いっきり流すのもよいでしょう。恋人だけが幸福や充実感をもたらしてくれるわけではありません、まずは自分自身でそれらを見つけられることが、ハッピーな恋愛を楽しむための大前提です。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理