覚えておいて損はない!全てのメイク失敗をごまかせる秘技テク

メイク中、起こりうる失敗。あなたも一度や二度は経験があるでしょう。手先が滑ってアイライナーが思わぬ方向へ行ってしまったり、眉毛が思った通りの形になかなかならなかったり、マスカラを塗っていて肌にまでついてしまったり、チークが思いの外濃くなってしまったり……。そんなメイク的大惨事が起こってしまったとき、もし一からやり直す時間がなかったらどうしますか? 失敗したところだけメイクオフしてやり直しがきけばいいですが、その部分のベースメイクまでオフするとなると……やり直しした部分だけが悪目立ちして、さらに失敗時よりも悪化する可能性大! そんな慌てる事態のとき、大活用するごまかし技をご紹介します。

■メイクの失敗をなかったことにする方法

アイメイクでもベースメイクでも、チークでもリップでも、共通したごまかしテクニック。それはコットンを使って、失敗部分のメイクを自然にサッと拭き取る方法です。コットンと言っても、そのまま使うのではなく、コットンを割いて使います。この方法で行えば、メイクオフした場所とメイクしたままの場所の境界線がボヤけるので、メイクの仕上がりもナチュラルに! クレンジング料は、ウィータータイプのものが使いやすくてオススメです。

【1】コットンを割きます。なるべく繊維が出るようにして割くと◎!

もしコットンの端が固定されている画像のようなタイプのものならば、端の部分をハサミで切り落として、中の繊維を引っ張りだすようにしましょう。

【2】コットンの繊維を集めて丸めます。

アイメイクや細かい箇所の修正をしたいときは、小指腹くらいの大きさにすると使いやすいですよ。

【3】もう一枚の何もしていないコットンにクレンジング料を出します。

【4】クレンジング料で濡れたコットンの上に押し付けるようにして、割いて丸めたコットンをのせましょう。クレンジング料で丸めたコットンが湿るくらいを目安にします。

【5】湿らせたコットンを修正したい箇所にポンポンとのせます。優しくパッティングするようにすると、自然にメイクオフでき、さらに境界線が目立たなくなります。

【6】オフした箇所のメイクをもう一度行いましょう!

この方法を使えば、朝のメイク失敗だけでなく、出先でのメイク直しもキレイにできます。クレンジング料を湿らせたコットン、そして割くためのコットンを持ち歩けば、どこでもできちゃう失敗からの回避テクニック。「ああ!失敗しちゃった!」そんなときは慌てず急がず、この方法を試してみて!

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理