1. トップ
  2. ファッション
  3. 『ベイウォッチ』映画版、新進女優のケリー・ロールバッハがCJ役に抜擢

『ベイウォッチ』映画版、新進女優のケリー・ロールバッハがCJ役に抜擢

  • 2016.1.6
  • 8240 views

イケメンや美女が揃うライフガードの活躍を描き、世界中で人気を博したドラマ『ベイウォッチ』。セクシー女優のパメラ・アンダーソンがTV版で演じたCJ・パーカーを、映画版では誰が演じるのか注目が集まる中、ついに配役が決定した。

undefined

【関連コラム】夏だ!ビーチだ!海外ドラマだ!! 海と水着なテレビシリーズ

米Varietyなどが報じたところによると、CJを演じるのは、モデル出身のケリー・ロールバッハ。彼女は米スポーツ雑誌Sports Illustratedを中心に活躍したモデルで、女優としてはこれまで『リゾーリ&アイルズ』『RUSH ~スキャンダルな外科医』などにゲスト出演したのみ。今回の映画で初の大役を手にすることになる。私生活では、レオナルド・ディカプリオとの交際が話題に上ったが、今回の配役発表とほぼ同時期に彼との別離も報じられた。

映画の主演を務めるドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』『カリフォルニア・ダウン』)は、画像共有サイトInstagramでケリーを紹介する動画を投稿。「とてもホットな女性だけど、もっと大事なことは、頭が切れて、タフで愉快な人だということ。僕らの世代の『ベイウォッチ』を世界に送り出すのが待ちきれないよ!」とコメントしている。またケリーと一緒に、TV版で有名になった、スローモーションでビーチを走るシーンも再現している。

映画の出演者はドウェインのほか、ザック・エフロン(『ハイスクール・ミュージカル』)、アレクサンドラ・ダダリオ(『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』)などがすでに決定。また、『モンスター上司』『モダン・ファミリー』のセス・ゴードンが監督を務めることから、コメディタッチに仕上がると伝えられている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケリー・ロールバッハ
(C)Kazuki Hirata/HollywoodNewsWire.net