1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』、ドラマがついに原作を追い越す

『ゲーム・オブ・スローンズ』、ドラマがついに原作を追い越す

  • 2016.1.6
  • 1242 views

ドラマが原作小説に事実上追いついてしまったことから、原作ファンをやきもきさせていた米HBOの大河ファンタジー・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。"氷と炎の歌"シリーズの最新刊となる「冬の狂風(Winds of Winter)」は、ドラマのシーズン6開始時より前には刊行されないことが分かった。

undefined

【関連コラム】もはや、視覚では感知できない!? 本当に優秀な「CG」効果の実力<後編>

この情報を明らかにしたのは、原作者のジョージ・R・R・マーティン本人。自身のブログで1月2日(土)、執筆中の「冬の狂風」はまだ完成にこぎ着けていないとマーティンは述べた。「(刊行が遅れることを知らせる)この文を打つのはちっとも愉快じゃない。がっかりしているのはあなただけでなく、編集者や出版社、HBO、エージェント、海外の出版社や翻訳者たちも同じだ。誰よりも私自身ががっかりしている」と彼は記している。

マーティンによれば、執筆量はすでに何百ページにもわたるが、まだ書かなければならないことがたくさんあり、完成までは何ヵ月もかかるだろうとのこと。原稿がいつ完成し、刊行はいつになるのか分からないが、可能な限り最高の作品に仕上げたいということだ。

というわけで、ドラマが原作を追い越してしまうというファンの危惧は、ついに現実のものとなりそう。今後、ドラマを見ると原作の展開が分かってしまうのではないかと心配するファンに対して、マーティンは、「答えはイエスでありノーでもある。シーズン6では、小説ではまだ起きていない筋立ての転機や秘密の解明があるのは避けられない。これまで何年にもわたり、小説の読者はドラマの視聴者より先の展開を知っていた。今年はその逆が生じる。どう受け止めるかは、あなた次第です」と答えている。と同時に、「ドラマと小説はすでに分岐しているので、シーズン6で目にする展開は、原作のネタばれにはならない場合もある」とも述べている。

原作ファンも未見の物語が語られる『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6は、米HBOで4月にスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョージ・R・R・マーティン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net