日本人なら知っておきたい!七草の効能&簡単レシピ

1月7日の朝に七種の菜の入ったおかゆを食べる「七草粥」の歴史は古く、平安時代から行われていたようです。七草粥は、この一年の無病息災を願って食べるものですが、同時にお正月のご馳走で疲れた胃腸を休めるために食べる、とも言われています。七草には、生薬として使われる野草も含まれています。身体に優しい七草粥の効能を知って、自分で作ってみましょう。

■日本の女性なら知っておきたい!七草の効能

(1)せり

「せり」は、日本原産の野菜。肝臓や大腸、小腸を労わり、身体に溜まった余分な熱や毒素を取り去る作用があるとされています。お正月の食べ過ぎで、身体に溜まった余分なものをデトックスしてくれそうですね!

(2)なずな

ぺんぺん草とも呼ばれる「なずな」は、若苗を食用にし、冬の貴重な野菜だったそうです。粘膜の免疫力を高める作用のあるビタミンAや、ビタミンCも含まれており、風邪予防にも◎ですよ。

(3)ごぎょう

ハハコグサと呼ばれるキク科の植物で、気管支炎や喉の痛み、皮膚炎に効果があるとされています。東洋医学では、「肺の華は肌」といわれ、気管支や喉、肺が健康であれば肌も美しくなると考えられているため、美肌に一役かってくれることが期待できます。

(4)はこべら

歯周病や、皮膚炎に外用として用いられた薬草です。解毒や消炎作用がある他、利尿通便にも効果があると言われています。歯周病は肥満の一因となると言われていますから、肥満防止にも役立ちそう。

(5)ほとけのざ

コオニタビラコが正式名の、キク科の植物です。胃を健康に保つ作用や、整腸作用があるとされる、ご馳走疲れの胃腸を労わる野菜です。

(6)すずな

「すずな」は蕪のこと。蕪は、消化を助け便秘の解消に役立つと言われています。大根と違うところは、身体を冷やさない食材ということ。冷えが気になる方は、大根より蕪をたっぷり食べましょう。

(7)すずしろ

「すずしろ」は、大根のこと。こちらも、消化を助け便秘の解消にも役立つ食材です。蕪と違い身体を冷やす作用があるため、食べ過ぎで身体にこもった余分な熱を取り去ってくれます。お腹のガスやゲップが気になる方におすすめです。

■簡単!七草粥の作り方

白米から炊くお粥は時間がかかりますが、オートミールを使えば簡単にお粥を作ることができます。たっぷりの水でオートミールを煮込めば、10分程度でお粥が出来上がります。茹でた七草を添えれば出来上がり! オートミールは、水溶性食物繊維が豊富ですから、白米よりも腸内環境美化のためにはおすすめです。

7日の朝は、七草粥を食べて、今年一年の健康美容を祈願しましょう!

(岩田 麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理