正月休みで乱れた食欲は朝食でリセット!朝に食べたいもの3つ

お正月休みを楽しんで、飲んで食べて過ごしていたら、すっかり沢山食べるクセがついてしまった……という方も多いのではないでしょうか。そろそろ身も心もスパッと切り替えましょう。お正月休みで麻痺してしまった食欲を抑えるためには、朝食に「大麦」・「スムージー」・「卵」をおすすめします!

■これで1日の食欲をコントロール!朝食に摂りたい食べ物3つ

(1)満腹感が長続きするのがありがたい「大麦」

大麦に含まれる水溶性食物繊維「β-グルカン」は、腸内で発酵分解され「短鎖脂肪酸」を作り出します。短鎖脂肪酸は、小腸を刺激して食欲を抑制するホルモンの分泌を促し、満腹感を長続きさせる働きがあるという、ダイエットにはありがたい存在。また、次に食べる食事の糖の吸収を穏やかにする「セカンドミール効果」もありますから、朝食におすすめの食べ物です。

大麦ご飯を炊くのが面倒な方は、オートミールでもOKです。

(2)体内時計をリセットしてくれる「スムージー」

お休み中の不規則な生活で乱れた体内時計をリセットするのにおすすめなのがスムージー。朝食には、体内時計をリセットして、新たな一日のリズムをスタートさせるという大切な役割があり、 朝食に糖+タンパク質を摂ることで、末梢部まで体内時計がリセットされることがわかっています、スムージーで、ナッツミルクやヨーグルトなどのタンパク質が多いものと、フルーツを組み合わせれば、糖とタンパク質を1品でチャージできます。

(3)高タンパクで一日の空腹感が減少する「卵」

卵は、アミノ酸スコア100の高タンパク食材。朝食に高タンパクな食べ物を食べることで、1日に感じる空腹感が減少するので、朝食に卵は大正解! 卵が苦手な方は、やはり高タンパク食材のヨーグルトや納豆を食べるのもいいでしょう。

同じ食事内容であっても、お腹がすいてはちょこちょこと頻繁に食べているほうが太りやすくなってしまうそうです。無駄な食欲は抑える工夫をしたいですね。

(岩田 麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理