1. トップ
  2. ファッション
  3. アユミミツカネ 2016年春夏コレクション - “重ねる”と“削ぎ取る”を連鎖させて

アユミミツカネ 2016年春夏コレクション - “重ねる”と“削ぎ取る”を連鎖させて

  • 2016.1.3
  • 3968 views

アユミミツカネ(ayumi.mitsukane)が2016年春夏コレクションを発表。

デザイナー・光金鮎美が考える洋服の完成形は何かを足すことで生まれる。透き通る生地、艶やかな生地、ひとつでは欠落してしまう部分を合体させることで補っていく。ワンピースは“重ねること”で表現。オーガンザを通して霞がかったシルエットがふんわりと浮かぶ。テンセルのものは、肩にショールをレイヤードしているよう。“重ねること”の表現は、隠された美への好奇心を引き立てる。

また、反対に引くことで生まれる魅力もある。装飾のないミニマルなワードローブは落ち感を出して表現。澄み切ったテキスタイルの中にドレープを施し、サルエルパンツやスタンダードなラインのワンピースに波紋をもたらす。時には軽やかな素材を流すようにし、衣服と体の間を埋める風と一体化。ボーダーや細やかなメッシュなどの直線的な柄は、ふわりと揺れる柔らかな装いにシャープな印象をプラスした。

そんなシンプルなコレクションを彩ったのはベーシックなカラーリング。特徴的なパターンを目立たせるように、色はひとつだけ。ふんわりした白と冷ややかな白、あったかい黒と刺激の強い黒、いろんなパレットを使うのではなくひとつの色で表情を変えていく。さりげない変化によって、女性が持つ秘なる美しさを現しているようだ。