1. トップ
  2. おでかけ
  3. 展覧会「愛と青春のアトリエ 洗濯船と蜂の巣」ピカソやシャガールが作品を生み出した長屋

展覧会「愛と青春のアトリエ 洗濯船と蜂の巣」ピカソやシャガールが作品を生み出した長屋

  • 2016.1.1
  • 1599 views

展覧会「愛と青春のアトリエ 洗濯船と蜂の巣」が名古屋松坂屋美術館で開催される。期間は、2016年1月23日(土)から2月23日(火)まで。

「洗濯船(Le Bateau-Lavoir)」とは、ピカソ、モディリアーニ、ヴァン・ドンゲンなどの巨匠たちを生み出したモンマルトルの長屋のこと。1900年に、パリで万国博覧会が開催され、その後世界中から芸術家が集まってきた拠点だ。

一方の「蜂の巣(La Ruche)」は、モンパルナスの集合アトリエ、シャガールやスーティン、レジェなどが集結した芸術家のコミューンである。モンマルトルが観光地や高級住宅街となってしまい、金のない画家の居場所が、モンパルナスへと移っていった経緯があるという。

彼らの若き日々や芸術に対する情熱、そしてふたつのアトリエを中心に繰り広げられた交友関係。そこの住人と彼らの仲間たちの作品約60点が一堂に展覧される。

暖房や水道もまともになかった状況での創作活動や、才能を見出したものを広く迎え入れる風土など、今や数億円で取引されるような作品が生まれた「洗濯船」と「蜂の巣」の模型も展示。アトリエの様子から当時の画家たちの生活を想像してみては。

【概要】
展覧会「愛と青春のアトリエ 洗濯船と蜂の巣」
会期:2016年1月23日(土)〜2月23日(火)
開催時間:10:00〜19:30
休館日:会期中無休
会場:松坂屋美術館
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1
入館料:一般1,100円(900円)、高・大生900円(700円)、中学生以下無料、( )内は前売り・団体割引料金
※団体は10名様以上