1. トップ
  2. ファッション
  3. アカネ ウツノミヤ 2016年春夏コレクション - “単純と複雑”の中にある現代女性のあるべき姿

アカネ ウツノミヤ 2016年春夏コレクション - “単純と複雑”の中にある現代女性のあるべき姿

  • 2015.12.30
  • 3164 views

アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)が2016年春夏コレクションを発表した。現代女性の優しさと強さを感じられるように…そんな思いの詰まった今シーズンは、「単純に見える中の複雑さ」「保守性と同時に存在する自由さ」相反する二つを共存させている。

目に留まるのは、縦の“ライン”。トップスやワンピースのシルエットはあくまでシンプルだが、丈を長くしてウエストラインまでざっくりと切り込みを入れている。ひざ辺りまで伸びる短冊状のテキスタイルは、自由気ままに揺れ動き上品さの余韻を残す。そして、デザインとしての紐は、結ばず重力に従わせることでシルエットに芯を通す。

“ライン”は今季のポイントとなっている。セットアップのジャケットとスカート、パンツにはパイピングを施して、裾の“ライン”を強調。スリットやジャケットの切り替えも同様に。柔らかな色彩を濃紺や白で縁取り、無地のガーメンツの存在感を助長する。

ストライプは縦横・大小さまざまに、色彩に濃淡をつけて。短冊のようなデザインは、その切り込みの隙間から見えるファブリックと立体的なストライプを構成。時には、光沢ある幾何学模様をラグジュアリーに合わせているルックもあった。控えめなカラーでコレクションを染め上げながらも、刺激の強いグラフィックを取り入れることで、また違う女性の一面を表現しているようだ。

柔らかな揺れからは女性の奥ゆかしい美しさを、すらりと伸びる“ライン”は女性のたくましさを。装飾は少ないが、どこか強い意味を感じるワードローブ。コレクションの中で小さな複雑を重ねて、抜け目ない現代女性のあるべき姿を映し出している。